コンパス建築工房

2010.02.12~06.25(5ヶ月間)
大阪工業大学工学部建築学科 3回生
Iさん(20歳)

モノづくりに対して、とても気持ちいい空間だった。とても緊張してコンパスに入って来たのですが、所長さんや所員さんの優しさと、事務所の時々クラシックが流れてくる空間に包まれて、気持ちがいっそう高ぶった初日を鮮明に覚えています。その日に設計中の幼稚園の現場へ連れて行ってもらい、園児の笑顔が見えてきそうな楽しい空間を見せて頂きました。その後は、模型の作り方、CADの書き方などを教えていただき、実際に実施される図面も書かせてもらい、外観内観の考え方そして、学校では味わえない相手の事を考えるという事まで教えて頂きとても貴重な体験をすることが出来ました。所長さん所員の皆様1ヶ月間ありがとうございました。COMPASで学んだ、モノづくりの考え方を持ち、これからの大学生活でより視野を広げて頑張っていきたいと思います。


2010.01.13~02.12(1ヶ月間)
Iさん(21歳)

私は今まで、設計事務所のオープンデスクを2度ほど他のところでも行ってきましたが、コンパス建築工房ほど優しく教えて頂いた事はありませんでした。長く仕事をしていくためには、笑顔のある明るい職場がいいなとつくづく感じております。
所長とお話をさせて頂いたとき、「有名建築家がなぜ有名か、なぜすごいのか」というお話で、実現力について聞きましたが、他の設計事務所でも同じことを言われたことを思い出しました。独立するような人物は、ある程度の考えの質というかレベルというか、そういうものがあるのかなと思いました。私もそれに近づき、思考や技術を向上させて行きたいと思いました。
オープンデスクに来る前は、AutoCADしか使えなかった私ですが、皆様に丁寧に教えて頂いたので、JW-CADもある程度は使えるようになり、自分が出来ることが少し増え、このオープンデスクで少しはスキルアップしたと思います。また、写真集のレイアウトや主要室のプランニング、作図、リーフレット作成・回収、などたくさんのことをさせて頂き、すごくいい経験になりました。


2010.07.01~08.31(2ヶ月間)
大阪建設専門学校 1回生
Kさん(26歳)

専門学校の夜間で勉強をしている私にとってこのオープンデスクという制度は本当に意味のある期間になりました、学校で学ぶレベルでは分からない事が多く実務と学校の違いを痛感しました。しかし物ができあがるまでの過程がより明確になっていきそれが喜びでもありました。そして、自分にとって必要な技術や知識が明確になり、これからの自分に役立てて行きたいと思います。所長をはじめスタッフの方にもよくしていただきありがとうございました。


2010.07.21~08.31(1ヶ月間)
大阪建設専門学校 2回生
Uさん(19歳)

短い間でしたが大変お世話になりました。西濱所長には、「コミュニケーションの大切さ」「仕事とは何か」「目標を持つこと」などを教えていただきました。スタッフのみなさんには、「JWCAD、Photoshopの操作」「図面の書き方」「模型」「スキャン、コピーの仕方」「資料調べ」について教えていただきました。他にも、現場や、打ち合わせ見学させていただいてためになることばかりで大変勉強になりました。コンパスの一員として楽しく働くことができて本当に良かったです。コンパス建築工房の皆さん貴重な経験をさせてもらい、本当にありがとうございました!!


2010.08.03-~08.31(1ヶ月間)
近畿大学大学院総合理工学研究科 1回生
Mさん(23歳)

スタッフの方々がとてもフレンドリーに接していただき楽しく過ごすことができました。図面を書くのも、今までは簡易的なものしか書いたことがなかったので、わからない部分も多かったのですが、教えていただきだいぶ書けるようになりました。大学では教えていただけないことを多く学ばせていただきありがとうございました。


2010.09.01~09.18(3週間)
近畿大学大学院総合理工学研究科 1回生
Tさん(22歳)

実際に設計事務所の仕事を真近に見ることができ、リアルな設計事務所の状況、仕事の進め方、考え方を体感し知ることが出来ました。特に印象的だったのがお施主さん、施工者さん達との会議で、事前に今回のお施主さんはとても話しやすいと伺っていたのですが、実際の会議では、当然ながら一番素人のお施主さんを中心に会議が進められ、なんだかお施主さんが発言するたびに、空気が緊張するのが分かり、インターンの始めに所長が話してくださった「デザインというのは人のためにすること。」というのを実感しました。


2009.08.17~09.05 (3週間)
近畿大学理工学部建築学科3回生
Kさん(21歳)

短い期間ではありましたが、CADでの図面作成や現場見学、そして所長をはじめスタッフの皆さんの仕事の様子を見れた事がなにより良い経験になりました。また、大学で学ぶ建築学科とは違い、実際にはクライアントである施主さんや様々な人々が関わって仕事がなりたっているわけで、初めに所長がおっしゃっていた、「デザインは人のためにするものだ」「作業ではなく、仕事をすること」このことの意味を痛感しました。今回オープンデスクで経験したコンパス建築工房での三週間を、これからの進路や就職に生かしいきたいと思います。最後になりましたが、西濱所長やスタッフの皆さんありがとうございました。


2009.04.10~06.03 (2ヶ月間)
大阪工業技術専門学校 建築学科1回生
Nさん(22歳)

2ヶ月間と長い間オープンデスクありがとうございました。CADの使い方を始め、現場の打ち合わせに立ち合わせてもらったり、お施主さんとの打ち合わせにまで立ち合わせて頂き、本当にたくさんの事を経験させて頂きました。すごく社会に近いかたちで経験させて頂き、そして社会の厳しさや、人として大切な事など多くの事を学ばせて頂きました。今社会に出てみて、オープンデスクで経験した事が自分の力になっている事が多くあり、私にとって貴重な2ヶ月間を過ごさせて頂ました。所長はじめスタッフの方々、本当にお世話になりました。


2009.06.17~07.25 (1ヶ月1週間)
摂南大学 建築学科4回生
Yくん(22歳)

本当の意味での、建築を仕事とするということが大学4年生になってもわからず、これから自分がどういうことをしていくのかイメージがわかないため、建築事務所でのオープンデスクでそれを明らかにしようと思い参加させていただきました。初日は、大変緊張し何もかもがわからず、あたふたしていました。しかし、優しく、面白いスタッフの方々に丁寧でわかりやすく、色々と教えて頂き、事務所に来ることがとても楽しくなりました。建築を仕事として扱っている人たちを見て、些細な間違いが後で大きくなってしまうこと、一つ一つ真剣に取り組まなければ大きな失敗をしてしまうこと、お客さんの立場でのものの考え方など、仕事の厳しさを感じました。まだぼんやりとしか、私が建築を仕事として働いている姿は見えませんが、この経験から私自身の建築を仕事としていくという気持ちを高めていきたいと思います。最後に、モナカやアイスや煎餅など色々な食べ物ありがとうございました。美味しく食べさせてもらいました。貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございました。この経験を糧に、人や環境のことを考えた、記憶に残る建物を造っていきたいと思います。


2009.07.06~08.04 (1ヶ月間)
修成建設専門学校 2回生
Fさん(29歳)

コンパス建築工房のオープンデスクではたくさんの感動と建築を体験できました。西濱さんの作品はデザイン、機能的にどれもこだわりがあり、今まであまり見たことのない工夫がたくさんありました。メディカルビルのRC造の外壁は本当に素晴らしいでした。杉板を型枠に使っているそうで、コンクリートに綺麗な木目がついていました。RCの打ち放しが好きな私は見て感動したこと嬉しくて友達や先生に話しました。杉板の型枠は昔から使われていたらしく、丹下健三さんや前川國男さんも使っていたそうです。なんでも勉強とは「古きを知り新しきを知る」知りことから始まると思います。施工が難しいという短所があるようですが、コンパスでは全く気にしてなさそうで、その難しさがやりがいに繋がるのだなと 感じました。世の中の建築がもっと手軽にデザイン性個性のある建物が増えたらいいなと思います。一番すごい出来事だったのは西濱さんの三時間ぐらい講義してもらったことで(実際講演料10万円ぐらい)その中でも西濱さん経路が一番聞けて良かったです。教えて頂いた事をしっかり聞いてこれからの進路、人生に繋げて行こうと思います。本当にありがとうございました。


2009.07.09~08.28 (1ヶ月3週間)
大阪建設専門学校 2回生
Yくん(26歳)

オープンデスクの経験は学生の必須事項にするべきじゃないでしょうか?フォトショップやイラストレーター・3Dソフトを覚えれるというのは思っていたとおり勉強になり今後に活かしていけると思います。ですが、思っていたより勉強になったのは、まず仕事の流れを一部体験できたことで、自分の『時間』に対する考え方のあまさを知ることができました。次に、様々な現場へ同行させてもらい現場の方とのやりとりを聞けたことで、中途半端な知識ではなく、確実に柔軟に対応できる膨大な知識が必要なんだということを学びました。所長が話してくださった、建築家のあり方や、自分の可能性、についても、『自分』を考える良い機会になりました。内容を話してしまうと、次のオープンデスクの方の楽しみの一つを奪ってしまうので止めておきます。オープンデスクへの参加を悩んでいる方、所長も社員の方も気さくな人達ばかりですし悩まず是非参加するべきだと思いますよ。


2009.08.17~09.05 (3週間)
近畿大学大学院 環境系工学専攻
Kくん(22歳)

この度インターンシップとしてコンパス建築工房で働かせていただいて、普段使わないソフトや仕事をさせてもらったり、設計事務所の仕事を内から知ることができたりと、多くのことを得られました。なかでも痛感したのは、仕事をする上での「責任」と、「コミュニケーション」の大切さです。些細な物事にも大きな責任があり、多くの人に影響する。その責任を果たすためにはしっかりとしたコミュニケーションをとることが大切。これは仕事の場面でなくてもとても大切なことだということを教えていただきました。これからはいろんなことに自発的に元気よく物事に取り組んでいきたいと思います。3週間という短い期間でしたが、本当にありがとうございました。


2009.08.17~09.05 (3週間)
修成建設専門学校 建築CGデザイン学科2回生
Kくん(25歳)

3週間という短い時間でしたが、今回のオープンデスクでの経験はこれからの進路を考える上でとても重要なものになったと思っています。始まったばかりの頃は、jwcadやformZなどの使い慣れないソフトとの格闘で、「あのソフトを使えばもっと楽に作れるのに」と、こんなことばかり考えていましたが、スタッフの方や他のオープンデスク生の方に丁寧に教えて貰いながら続けていくうちに、ソフトにも慣れ、デスクワークを楽しんでできたと思います。また実際の施工現場を見させていただいたときは、今まで考えていた現場というものの雰囲気とはまた違うものを感じることができ、進路の幅を広げることの繋がったと思うので、とても勉強になりました。その他にも屋上でのバーベキュー等、楽しいイベント等に参加させてもらったりと、とても充実した3週間でした。これからもコンパスでの経験を忘れずに頑張っていきたいと思います。所長をはじめ、丁寧に指導してくださった所員の皆様、貴重な経験をありがとうござました。


2009.08.17~09.05 (3週間)
修成建設専門学校 建築学科1回生
Mさん(21歳)

「片道2時間かけて来ているのだから、それなりに多くのことを吸収しよう」という気持ちで通った3週間は、本当に毎日得るものがあり、すごく充実していました。
この3週間で、数多くの図面を描かせて頂いたり、初めて触ったCGも使いこなせるようになりました。
なかでも、所長のプレゼンを近くで見て、話の進め方を学べたのは自分の中で一番大きかったな と思います。
また、オープンデスクが始まる前に天神祭花火大会に呼んで頂いた時には多くの建築家の方の話を聞くことができ、多くの発見があって楽しかったです。
所長をはじめ スタッフの方々には さまざまな機会を与えて頂きました。
ちょっとでも「あれっ?」と疑問に感じたことに対して 理解するまで丁寧に教えて頂いたお陰で、分からないまま終わる ということはありませんでした。
コンパスにオープンデスクに来ることができて、本当に良かったです。
短い間でしたが、お世話になりました。有難う御座いました!


2009.08.17~09.10 (4週間)
摂南大学 建築学科3回生
Kさん(21歳)

4週間、大変お世話になりました。初日からCADを使ったりとパソコンが苦手な私にとって毎日が大変でした。ですが、スタッフのみなさんに親切に教えていただいたり、他のオープンデスク生に聞いたりと色々な人に教えてもらったお陰で少しだけですがCADが使えるようになった時は嬉しかったです。 また、所長に普段見ることが出来ない建設途中の現場に連れって貰ったりと貴重な体験をさせていただきました。今回、オープンデスクに参加させてもらったことで少しだけ自分が成長できたと思います。オープンデスクが終わっても自分がもっと成長できるように頑張っていこうと思いました。本当に色々な経験をありがとうございました。


2009.09.08~09.29 (4週間)
大阪樟蔭女子大学 インテリアデザイン学科3回生
Tさん(21歳)

事務所でお世話になって感じだ事は、今まで大学で勉強してきた事が「建築」と言う世界のほんの一部でしかないと言う事です。実際に事務所で居ると自分自身が何も知らないと言う事をひしひしと感じました。きっとこの機会がなかったら、何も知らないと言う事にすら気づかずに就職していたと思います。オープンデスクの期間で、もっと多くのものを見て多くの話を聞いて「現実」を知らないといけないと思いました。私にとってこの数日間は、「現実」を知るいい機会だったと思います。


2009.09.07~10.7 (1ヶ月間)
神戸大学大学院 建築学専攻
Hくん(24歳)

今回で建築関係のインターンやオープンデスクに参加させて頂くのは3回目になりますが、今回は自分が大学院生になり、建築の事が少しわかり始めた時に参加させてもらえたので、今までとは一味違う経験となりました。一つには今までほとんど意識していなかった、建築のディテールの収まりの厳しさと大切さを学んだことです。建築設計はプランやセクションだけでなく細部にまで自身のコンセプト、考え方が影響していくということは大変ですが、とても達成感のあることだと思いました。特に自分が学んだことは、建築を作り上げることの大変さであり、そこには多くの人が関わっている、というとても当たり前なんですけれども現場に来ないとなかなか忘れてしまう事でした。何回か現場にも連れて行ったもらいましたが、そこでの打合せや現場での指示などの中に、建築においては人と関わるコミュニケーションの部分がとても大切だということを改めて感じました。西濱所長と所員の皆様には建築だけでなく社会人としての考え方、取り組む姿勢のようなものまで教わりました。これから社会に出て行く自分としては、大変良い経験となりました。作業では慣れないことも多く、ご迷惑をかけることも多々ありましたが、親切に色々と教えて頂き本当にありがとうございました。


2008.03.10~2008.04.30 (2ヶ月)
大阪工業技術専門学校 建築学科1回生
Mくん(29歳)

二ヶ月弱の間でしたが、所長をはじめスタッフのみなさんには大変お世話になりました。事務所に来る前は不安な事だらけでしたが、来てすぐにその不安は吹き飛びました。扉を開けてみると自分が勝手に思い描いていた設計事務所のイメージとは違い、スタッフ同士仲が良く明るいという印象を受け、ホッとしたのを覚えています。みなさんそれぞれ忙しいのに、わからないことがあると丁寧に指導してくださり机に座って学校の授業を受けているだけでは決して知りえないであろう知識や技術を多少なりとも自分のものにできたのは本当に大きな収穫でした。そして実際に動いている仕事の手伝いをさせて貰い、微力ながら貢献出来たのであれば幸いです。年齢的にももう後戻りの出来ない私はこの事務所での経験を活かして自分の信じた道を前に進んで行くしかありません。所長に「目的を持って生きること。厳しい仕事だがやらずに後悔するのはいけない。まだ遅くはない。」という言葉を頂き、建築の世界で生きて行こうという思いはより一層強くなりました。本当に貴重な経験をさせて貰いました。ありがとうございました。


2008.03.03~2008.03.17 (2週間)
中央工学校OSAKA 建築学科2回生
Fさん(23歳)

短い間でしたが大変お世話になりました。西濵所長を始め所員の皆さんは自分のお仕事がお忙しい中、親切、丁寧に教えてくださいました。本当にありがとうございました。期間を満足に満たすことができませんでしたがお陰で充実した日々が過ごせました。学校で習う日々の勉強とは違い実際に働いておられるそばで見るだけでも勉強になりました。また、CADやphotoshopなどの使い方も教えていただきました。今後の学校生活に活かし幅が広がるように自分自身でもさらに勉強していきたいと思います。現実の厳しさなどを垣間見ることが出来、自分自身の進路が明確になりました。最後に、このような経験する場をを与えて下さってありがとうございました。


2008.08.18~2008.08.30 (2週間)
大阪デジタルテクノ専門学校 生活環境デザイン学科2回生
Kくん(23歳)

2週間という期間でしたが最終日を迎えるとあっという間で本当に楽しかったです。何もわからない私に所長をはじめ所員のみなさまは本当に親切に指導していただいた事を嬉しく思います。そして実際に設計事務所の雰囲気を肌で感じることができて仕事の大変さや一人一人の責任の重大さがわかりました。またjw-cadやphotoshopの便利な機能や知らない事を教えていただいた事もよかったと思います。ご飯に連れて行ってくれて相談した時も真剣に答えてくれて本当に嬉しかったです。残り少ない学生生活ですがオープンデスクで学んだことを生かして頑張りたいと思います。短い間でしたがお世話になりました。親切な人ばかりのコンパス建築工房にこれてよかったです。ありがとうございました。


2008.08.25~2008.09.12 (3週間)
京都女子大学 生活造形学科3回生
Tさん(21歳)

3週間という短い期間でしたが、学校では学べないようなたくさんのことを勉強させて頂き、色々な仕事をお手伝いさせてもらいました。はじめはCADもCGもうまく使いこなすことが出来ませんできたが、スタッフのみなさんに親切教えて頂き、楽しく3週間を過ごすことが出来ました。特に現場見学ではたくさんの事を学びました。施工中の現場では現場監督の方と直接お話ができたり、プレゼンテーションでは建物のよさを伝えるために時間のぎりぎりまで準備をしている姿や相手に熱意をもってわかりやすく伝える姿を拝見しこの仕事の大変さを感じました。しかし何より、お施主さん達の喜んでいる姿がとても印象的でした。 今回のオープンデスクでは、これからの就職活動や学業にむけて改めて自分のやりたいことを見直すきっかけにもなりました。直接建築という仕事に接する機会を頂きありがとうございました。


2008.09.11~2008.09.26 (3週間)
和歌山大学 環境システム学科3回生
Mくん(20歳)

所長、スタッフの皆さん、2週間の短い期間でしたが、大変お世話になりました。できれば、もう少しの間オープンデスクをしていたかったです。仕事でお忙しいにもかかわらず、ちょっとしたことでも親切に教えてくれたスタッフの皆さんにはとても感謝しています。事務所内はすごいアットホームで、緊張せずに楽しく過ごすことが出来ました。大学では絶対にわからないリアルな現場の雰囲気を体験できた事は、これからの自分にとってすごく貴重な財産になったと思います。所長やスタッフの方々の一生懸命働いている姿を見ていると、やっぱり建築で頑張っていこうと改めて思う事が出来ました。厳しい業界ですが、これほど魅力的な仕事は他にはないと思います。貴重な経験ができる機会を与えていただいて本当に有難うございました。


2008.09.08~2008.09.26 (3週間)
滋賀県立大学 2回生
Fさん(23歳)

コンパス建築工房の皆様、3週間の間大変お世話になりました。学校では決して学ぶことのできないさまざまな体験ができて非常に勉強になりました。私はCADやイラストレーターがとても苦手でなかなか習得できなかったのですが、スタッフの方がいつでもわかりやすく丁寧に教えてくださったので始めよりはだいぶ使いこなせるようになり、本当に感謝しています。また、現場見学に行けたことはとても貴重な体験でした。中でも特に印象に残っているのは、とある幼稚園での施主様の反応です。所長が、建設する予定の建物の説明をした直後に、施主様が心から満足して「今すぐ建ててください。」と嬉しそうにおっしゃっていたことは、今でもはっきりと覚えています。建築でこんなに人を感動させられるんだと知って、私はますます建築を深く学びたいと思うようになりました。3週間という短い間でしたが、たくさんのことを経験させていただき本当にありがとうございました。


2008.09.16~2008.10.04 (3週間)
関西大学 建築学科3回生
Yさん(23歳)

3週間お世話になりました。オープンデスクに参加させていただいた3週間はあっという間に過ぎてしまったように感じます。仕事のお手伝いや現場見学は学生の私にとっては良い経験となりました。所長やスタッフの方から聞いたお話の中には、学ぶべきことや考えることが多々ありました。来週から大学生活に戻りますが、オープンデスクで得たことを生かしたいと思います。また、今後の就職活動の参考にもさせていただきたいと思います。オープンデスク初日に行くまでは不安でしたが、参加して本当に良かったと思いました。そのように思わせてくれた事務所の皆さん本当にありがとうございました。


2007.09.18~2007.09.29(2週間)
岡山県立大学 デザイン学部工芸工業デザイン学科 3回生
Kさん(20歳)

二週間という短い期間でしたがコンパス建築工房でお世話になりました。とても濃い二週間が過ごせました。事務所の方々が個々に物件を抱えていて責任感を大切さにしている所が印象的でした。そして、みなさんがとても優しく、忙しい中でも私達学生が勉強できる作業を選んで丁寧にやり方を教えてください、オープンデスクに来る前より自分が出来る作業の幅が増え成長できました。また、就職について悩んでいたので建築分野の先輩から多くの話が聞け今後の参考になりました。今回夏休みを利用して大阪に出てコンパス建築工房で勉強させてもらい自分が今後進みたい道を確かめることができました。私も何年か後にはみなさんのようになれるように頑張っていきます。本当にとてもお世話になりました。


2007.09.03~2007.09.20(3週間)
梅花女子大学 3回生
Kさん(20歳)

3週間弱、本当にコンパスの皆様にはお世話になりました。最初は分からない事だらけで、ずいぶんとご迷惑をおかけしてしまいました。しかし、西濵所長を始めとした所員の皆さんが、とても親切に接して下さったおかげで、楽しい毎日を過ごす事が出来ました。知らないCADなどの知識も、大学とは比べものにならないほど吸収することが出来、次第に未熟ながらもお仕事のお手伝いが出来るようになりました。感無量です。コンパスで得た知識、決して無駄にはしません。西濱所長、貴重なお時間を割いて色んな話を聞かせて頂き、ありがとうございました。所員の皆様、何度も質問しまくるウザイ私に優しくしてくれてありがとうございました。 追伸:男性所員さんたちの低レベルな言い争いが面白くて好きでした(笑)。同じ大学の先輩と同じ職場で働けて良かったです。本当にありがとうございました。


2007.08.27~2007.09.15(3週間)
梅花女子大学 3回生
Hさくん(20歳)

最初の1週間ぐらいは3週間なんて長いと思っていたし、作業も苦手なパソコンばかで「何で申し込んだんだろう。」と後悔していました。しかし、毎日教えてもらいながらしていると少しづつ使えるようになってきて、楽しいと思うようになりました。結局、完璧に扱えるまでにはなれなかったけど少し使えるようになっただけでも私にとって成長になったっと思います。現場に連れて行ってもらいとても感動しました。長く思っていてた3週間がとても短かったように感じ、もう終わりかと思うと少し寂しくなります。覚えが悪くスタッフの人たちには大変ご迷惑をおかけしました。そして、所長のお話を忘れず将来についてよく考えていこうと思います。最後になりなしたが、3週間本当にありがとうございました。


2007.08.18~2007.09.15(4週間)
京都工芸繊維大学大学院 修士1回生
Nさん(24歳)

今回、実務空間に参加することで現場の雰囲気や仕事のプロセスを身近に体験し、今後の研究や進路選択時の目標設定に生かしたいと考えオープンデスクに参加しました。
この期間中特に感じたのは、実際の建物が完成するまでには、膨大な量のディティールの検討、時間、コミュニケーションを要しているということです。これらは学校での設計課題の中では知りえないもので大変勉強になりました。また、スタッフの皆さん同士がとても仲が良く、いきいきと仕事を進めながら、さらにオープンデスクにも丁寧に指導してくださるのが印象的でした。
私は時間がない中、無理矢理参加させていただいたために、なかなか連続して来れなかったのが残念でしたが、実際に同じ空間にいて感じたことや所長のお話、移動中の車内や昼食のときに聞かせて頂いたスタッフの方のお話は今後の建築への考え方や付き合い方に大きく影響すると感じています。
現在、設計とは違った形で建築の勉強をしていますが、遠回りと恐れることなく新しい視野を養いながら今後も建築に関わっていきたいと思っています。
これまでオープンデスク等の積極的な課外活動には億劫になり続けていましたが参加してよかったです。
大変貴重な経験の場を与えていただきありがとうございました。


2007.08.20~2007.09.07(3週間)
摂南大学 3回生
Iくん(20歳)

3週間という短い期間でしたが、とても勉強になりました。はじめは期待と緊張で3週間もの期間続くか心配でした。しかし、所長をはじめスタッフの皆さんには本当に良くしてもらい、三週間あっという間に終わってしまいました。Form-zやFhotoshopなど、扱った事のないソフトを使った仕事は新鮮でとても勉強になりました。スタッフの皆さんが親切に教えてくれたおかげです。オープンデスクで見て、聞いて、体験したことは、大学では絶対体験できない貴重なものでした。自分は建築の設計がやりたい。就職も設計事務所に。そう思っていました。同時に、就職活動の時期が近づいてきているなか、自分の目指す世界がまったくわかっていないことに不安を感じてもいました。実際。自分は何にもわかっていない。現実はシビアだと感じました。現場見学の時の車内で、所長と進路の話をした時。設計をやっていくことの厳しい現実を目の当たりにし、自分がとろうとしている道に光はさすのか。正しいのか。不安しかなかった僕に。やってみたらいいと言ってくれたこと。やっていけるかではなくて、やりたいことをやらないことのほうがダメ。遠回りしたっていいからやるんだと。後ろから押されたような気がする言葉で。グッときました。コンパスを選んで正解だった。そう思いました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。


2007.08.16~2007.08.28(3週間)
大阪府立工業高等専門学校 3年生
Nくん(19歳)

最初はこの半月間どうなるのか心配でしたが、事務所のみなさんが明るく優しく教えてくださったので、不安だった気持ちはすぐにどこかに行ってしまい、最後まで楽しく終えることが出来ました。いろいろなソフトの技術や、知識も増え、毎日がとても有意義な日々でした。中でも所長のお話はためになるものばかりで、私のこれからの人生を変える様なものでした。そのとき、私も将来は所長のような方の下で働きたいと思いました。これからも所長の言葉を胸に、自分のやりたいことを見定め、前進していきたいと思います。ここでの経験を基にこれからの人生に生かして行きたいと思います。コンパス建築工房のみなさん本当にありがとうございました。


2007.08.01~2007.08.24(3週間)
大阪デジタルテクノ専門学校 生活環境デザイン学科
Hさん(20歳)

オープンデスク初日、事務所の扉を開けるのにほんの少し時間がいりました。初日の緊張からあまり和らぐことなく最終日になってしまいました。正直、オープンデスク2日目にして既に行きたくなく、憂鬱な日もありました。でも、最終日になってみるとあっという間のオープンデスク期間でした。戸惑いっぱなしの3週間でしたが、jw-cadを始めPhotoshopなど丁寧に教えていただき、出来る事が一つ一つ増えていく充実した毎日でした。そして、(雰囲気を)肌で感じるというのをまさに体験した日々でした。

最後に、申し込みの段階から、オープンデスクの期間について、わたしのわがままを聞いていただきありがとうございました。また、オープンデスク期間前にも関わらず、コンパス屋上での天神祭花火見物にまで誘っていただきました。


2007.07.25~2007.08.18(3週間)
大阪デジタルテクノ専門学校
Gさん(22歳)

今回、私がこのオープンキャンパスに参加させていただいて学校という小さな世界でしか建築について考えたり、学んだりしていたんだなと思いました。初日から天神祭りということもあっていろいろな建築関係の方々のお話が聞けて楽しかったです。現場にも連れ行っていただきクロスを貼ったばかりの住宅、所長の家のリフォーム、まだ何も無い状態の住宅2件とコンクリート造の物件といろいろ見せていただきました。初めての現場見学は本当にいい経験をさせていただいたと思います。3週間という短い期間でしたが、他では得られないとても濃い時間を過ごさせていただきました。本当にありがとうございます。何も出来ない私に、皆さんお忙しいのに、丁寧に教えていただいたことうれしかったです。これからこの経験を活かし、伸ばしていきたいと思います。コンパス建築工房でオープンデスクが出来たこと、とても感謝しています。


2007.07.17~2007.08.04(3週間)
中央工学校 OSAKA
Mくん(25歳)

3週間という長いようで短かった設計事務所での仕事が今日で終わると思うと、すごく寂しい気がします。パソコンに向かって仕事をするだけでなく、現場見学に連れて行ってもらったり、気分転換に外の仕事に誘って頂いたり、昼食にも連れて行ってもらったりしました。仕事の内容は、今している物件の手伝いがほとんどで、プレッシャーや不安もありましたが、皆さんが仕事をしているにも関わらず、わからない事があればすぐに教えて頂いたり、アドバイスを沢山いただいたり、所長の話など一言一言が自分の糧になりすごく良い経験になりました。言葉では言い表せないぐらいお世話になりっぱなしでしたが、コンパス設計事務所での経験を一生忘れません。西濵所長、坂本さん、福山さん、東野さん、吉田さん、山本さん、山名さん、本当にお世話になりました。有難う御座いました。


2007.07.09~2007.07.21(2週間)
創造社デザイン専門学校 インテリア専攻
Oくん(24歳)

2週間、実際は連休を挟んで、たった10日間という短い期間でしたが、色々と勉強させて頂き有難う御座いました。初日は、事情があり、かなり緊張していましたが、所長はじめスタッフの皆さんが優しく丁寧に接して下さるので、楽しく勉強できました。今までCADはVectorWorksしか使った事が無かったのですが、JWもある程度使える様になった事は大きな収穫だったと思います。他にもIllustlatorやPhotoshopの知らない機能を教えて頂いたり、パネルのレイアウトや模型製作や図面修正なども経験させて頂きました。また、所長の講演会に同行させて貰って、自分だけ私服でちょっと浮いていましたが、内容もそうですが、大勢の前での堂々とした講演をされていて、見習っていきたいと思いました。また、その道中では自分に必要なことを教えて頂きました。他にも、坂本さんや山名さんには実際に解体している現場や施工中の現場に連れていって頂き、体感できた事は貴重な経験だったと思います。東野さん山本さん坂本さんには昼ご飯色々連れて行って貰って、奢って貰って申し訳なかったです。1級建築頑張って下さい。福山さんと東野さんとの芝刈りの掛け合いが面白かったです。吉田さんには頭ぶつけた所を目撃されてしまったぐらいであまり話す機会がなくて残念です。とまぁあった出来事を書いていてもキリがないので終わりますが、本当に良い環境で色々な経験が出来た事を嬉しく思います。皆さんこれからも頑張って下さい。有難う御座いました。
2007.02.08~2007.03.30(2ヶ月間)
京都国際建築技術専門学校 卒業
Nくん(24歳)

コンパス建築工房の皆さんありがとうございました。設計事務所とはどんなところなのか、オープンデスクに参加するにあたって、最初は経験のない自分が足手まといにならないかと不安でしたが、スタッフの方たちがとても丁寧に教えて下さったので、事務所に通ううちに不安はなくなり、図面を修正したり、CGをつくったりする事が出来るようになり楽しくお手伝いができました。合成では、えっ、こんな事までできるのか!と驚き、スタッフの方たちの知識の深さに脱帽でした。  オープンデスクに来る前までは、CADは少しだけ、CGはまったくさわった事がなかったのが、今ではだいぶさわれる様になれたのも、坂本さんをはじめスタッフの方たちのおかげです。自信にもなり、さらに上を目指したいと思います。
その他にもいろいろな経験が出来ました。建築中の今橋のマンション・女神山の住宅の現場を見に連れていただき、建築は現場で造られるものだと改めて実感しました。コンパス京橋の屋上緑化も一部始終見れた事も貴重な体験だったと思います。芝が緑になっている日を拝めなっかのが残念です。東野さん、水やりをしっかり頑張ってくださいね(笑)
所長のお話も聞くことができ、登る山さえ見つけられれば、後は上を目指して頑張るだけだと言うことが、全てだと思います。自分はやはり、建築をやりたいと思うので、設計事務所で頑張りたいと思います。 所長はとても活動的で、真っ直ぐで、気さくな方で、スタッフの方たちにも真剣に接して、いい物をつくろうとよく考えている様子がうかがえて建築をつくると言うことは、どれだけ大変な事か実感しました。しかし、無事に完成したときの喜びは計りしれない事だと思います。建築は面白い職業だなあと思います。自分は建築をやっていけるかわからないですが、そんな事よりまずやらないと分からないと思うのでやってみようと思います。  長くなりましたが、所長をはじめスタッフの皆様お体に気をつけて頑張ってください!ありがとうございました。


2006.01.11~2007.03.30(3ヶ月間)
大阪工業技術専門学校 建築Ⅱ部 1回生
Oくん(26歳)

約三ヶ月間多くの事を所長、所員の皆さんに教えて頂きありがとうございました。設計事務所は始めてだったのでオープンデスク初日は緊張しましたが、皆さんの雰囲気、事務所の雰囲気がとても良かったので直ぐに緊張は和らぎました。私が想像していた以上に皆さん若くて、しかも個々に複数の物件を担当されているのには驚きました。また自分と近い年齢の皆さんとの知識、経験の差が大きく異なる点で、最初は面食らいましたが、すごく良い刺激になりました。所長には講演会、現場見学、オープンハウスなど色々連れて行って頂きありがとうございました。また車の中で建築について色々教えて頂いたことは、強く心に残ってます。 建築家として必要な要素、考え方、本質の捉え方等学校の授業だけでは得られない多くを学ばせて頂き、これから建築を学んでいく上で、大きな財産になったと思います。所員の皆さんも、忙しい合間をぬって作業を作って頂いたり、CADや3D等、設計事務所で働くために必要な技術を基礎から教えて頂きありがとうございました。皆さんと過ごしたこの三ヶ月間は個々に色々な思い出があります。所長→滴り落ちる程のオーラがあって圧倒されました。吉田さん→年下には思えないオーラが。所長のオーラにちょっと似てますね。山本さん→建築を好きな気持ちが表情に出てます。要潤似です。カレーは大盛りです。坂本さん→男前なのに基礎から色々教えてもらって、ほんと感謝しています、兄貴です。福山さん→坂本さん、東野さんとの談話が面白かったです。でも手綱を握ってるのは福山さんですね。東野さん→実は深いんですね。ビックリです。これからは首を振って笑わないで下さいね。山名さん→いつも笑顔で事務所内の癒しの存在になって下さい。コンパス建築工房の皆さん、三ヶ月間本当にお世話になりました!設計事務所を通じて皆さんと知り合えてよかったです。ありがとうございました!!
2006.01.23~2007.01.25(3日間)
大阪市立十三中学校 2年生
Fくん(14歳)
3日間コンパス建築工房でお世話になりました。
所員の方々にもよくしていただきとても感謝しています。
所長の西濱さんのセミナーを聴きに行き、やはりすごい人なんだなと再認識しました。
この人のところに職業体験なんていってもいいのかとさえ感じました。。。。
将来はぼくも西濱さんのような建築士になりたいです。
そして家の模型を作らせて頂いたり、車の模型をつくらしてもらったりと、
最初は雑用だけでもいいです!という気持ちだったのにとても勉強になったし、
もともと細かい作業が好きなのでとても楽しかったです。
自分の考えたものが形になりそれにしかも人が住むなんて、とても夢のある事だと
思うし、人にも夢を与えられる仕事だなと感じました。
僕も将来はこんな仕事につきたいです。
自分の好きな事でお金を稼げるというのは1番なんで、ぼくもそうなれるようにもっと勉強にも励もうと思います。
そしてこの3日間で知った事を普段の生活にも生かしていきたいです!
中学生ではおそらくはじめてだとおもうので、もっと他の人にも今回学んだ事を伝えてあげたいです。

今回は忙しいところ僕にかまってくれてありがとうございました。


2006.10.10~2006.11.02(3週間)
大阪工業技術専門学校 建築Ⅱ部 2回生
Kさん(29歳)

短い間ではありましたが、大変お世話になりました。今回初めてオープンデスクを経験し、設計業務を少しでも身近に感じる事が出来、今後の自分自身にとってとても参考になったと思っています。もう少しココにいたいなぁーと思ったり、皆さんお忙しいのに長く居たら足引っ張るなぁーと思ったり、自分の状況を思ったり。。。西濱さんの楽しいところと厳しいところ、事務所の緊張感。お話してくれた事。こういう機会を頂けたことを、本当に感謝しています。坂本さん、福山さん、東野さん、吉田さん、山本さん、山名さん、羽島さん、丁寧に対応して下さり、ありがとうございました。いつか、お仕事でまたご一緒できたら良いですね!その時はよろしくお願いします。
2006.09.11~2006.09.30(3週間)
神戸電子専門学校 建築インテリアデザイン学科 2回生
Hくん(21歳)

9月11日からの3週間の期間でオープンデスクに参加させて頂きました。3週間は、とても短く感じましたが、内容の濃い充実した3週間を送ることが出来ました。スタッフの方々が分からない事は、1から丁寧に教えてくれるので、ソフト(jw.cad,Photoshop,formZ,Power Pointなど)の使い方や、設計事務所の仕事を、知る事が出来ました。ソフトは、使いこなせる程までになりました。現場見学にも3度連れて行って頂き、学生ではなかなか経験の出来ない経験をさせて頂きました。その他には、確認申請書を確認審査機関に提出しに行ったりと、設計事務所の仕事の流れを大まかに掴む事が出来とても為になりました。オープンデスクに来る前迄は、ここまで色々な仕事の経験をささせてもらえると、思ってもいませんでした。コンパス建築工房に来てからの毎日、自分自身、成長を感じる事が出来、とても良かったです。こう感じる事が出来たのも、西浜所長やスタッフの皆様のおかげです。ありがとうございました。


2006.09.04~2006.09.16(2週間)
琉球大学工学部建築建設工学科 3回生
Eくん(21歳)

2週間と短い期間でしたけど、とても勉強になりました。西濱所長をはじめ、スタッフの皆さん、ありがとうございました。おそらく、他のどの事務所のオープンデスクより、ためになる勉強を楽しくさせていただけたのではないかと思います。CADやCGも丁寧に教えてくださったり、現場もよく見せていただきました。また、仕事以外でもいろんな遊びに呼んでいただいたりと、なんて面白い事務所なんだと、働いているスタッフの皆さんが羨ましいかぎりです。忙しい時期に帰ることになってしまいましたけど、この後も頑張って下さい!ありがとうございました。
2006.08.17~2006.09.13(4週間)
広島大学 3回生
Mさん(20歳)

この4週間コンパスで勉強させていただいたことは、私にとってすごくいい刺激になりました。実際に事務所がどのような仕事を行っているのかや、現場の状況など、知らないことばかりでこれからの進路を考えるうえで貴重な体験ができたと思います。また事務所の人達はみんな楽しくて、何も分からない私に親切に教えてくださり、いろんな知識を得ることができてすごく充実した4週間を過ごすことができました。また、他の学校から来ているオープンデスクの子といろんな情報を交換することで、自分の意識も変わりコンパスに来て本当に得るものがいっぱいありました。最初に聞いた所長の話を忘れずに、将来に向けて自分のやりたいことをしっかり考えていこうと思います。パソコンが苦手な私に教えるのはすごく大変だったと思いますが、4週間本当にありがとうございました★★★


2006.08.21~2006.09.08(3週間)
福井大学工学部建築建設工学科 4回生
Oくん(21歳)

とても充実した3週間でした。学校では教わらないことや、実際の仕事内容を知ることができて良い経験ができたと思います。
また、使ったことのないCADやCGもかなり使えるようになり、自分自身のスキルアップにもなりました。それも、所長やスタッフのみなさんが、親切に教えてくださったお陰だと思います。

仕事以外にも、テニスやサバイバルゲームなど初めての経験ができて楽しかったです。
いろいろとご迷惑を掛けたと思います。本当にありがとうございました。


2006.07.25~2006.08.19(3週間)
大阪デジタルテクノ専門学校 生活環境デザイン学科 2回生
Mくん(20歳)

オープンデスクに来た3週間は、短い期間でしたけどとても充実した期間になりした。初めは自分がやっていけるのか不安でしたけど、いろいろ分かりやすく教えてもらえてよかったです。CADの使い方やCG、現場見学など今まで知らなかった事をいろいろ学べました。1番勉強になったのは、所長やスタッフの方の仕事風景や雰囲気をその場所で見れた事です。実際の仕事内容を手伝ってみたり、いろいろ教えてもらったりして、学校で教えてもらうだけでは分からない事がたくさんありました。残りの学校生活や、就職したときに、ここで覚えたことを十分に生かしていきたいと思います。
2006.07.25~2006.08.19(3週間)
大阪デジタルテクノ専門学校 生活環境デザイン学科 2回生
Nさん(21歳)
コンパス建築工房のみなさん、毎日忙しい中、いろいろ教えて下さり本当にありがとうございました。初日は緊張と不安でいっぱいでした。でもみなさんが仕事している姿を見たり、実際に手伝わせてもらったりするうちに、毎日、事務所に行くのが楽しみになっていました。実際の実務にふれると、学校でしている事がちっぽけに思えてなりませんでした。みなさんと同じ空間にいるだけでも、いろいろ感じることがあるのに、私たちオープンデスクにもできる仕事をつくっていただき、本当にありがとうございました。
2006.07.18~2006.08.05(3週間)
中央実務専門学校 工業専門課程 建築設計科 2回生
Kさん(20歳)
私にとって設計事務所は正直、はじめはすごい怖いイメージでした。オープンデスクが始まるまでは、本当に私なんかが行っても大丈夫なのか、すごく不安でした。 でも、西濱所長やスタッフの皆さんは本当に楽しくてやさしい人達ばっかりで、毎日事務所に行くのが楽しみになりました。実際にスタッフの人達のお手伝いや現場の見学など学校ではできないことをたくさん体験させてもらえて、本当にに勉強になりました。それ以上に所長や、スタッフのみなさんがしてくださるお話がいっぱい聞けたことがなによりです。3週間という期間はすごく長いと思っていたけど、終わってみると本当にあっという間で驚いています。今は、「もう終わりか。」という気持ちしかないです。たくさんの設計事務所の中からコンパス建築工房にオープンデスクに来れた私は本当に幸せだと思っています。皆さんのおかげでもっともっと、建築を好きになれた気がします。本当に有難うございました。


2006.02.03~2006.02.28(3週間)
バンタンキャリアスクール大阪校空間デザイン学科卒業
Tくん(23歳)

もう終わりか、と思うほど毎日が充実し、楽しく過ごさせて頂きました。短期間でしたが、多くのことを学ばせて頂いたと思います。当初、初めての事務所経験ということで、不安を抱いていましたが、やさしいスタッフのみなさんのおかげでそれはすぐに消えました。たくさんのことを親切に教えて頂き、うれしく思っています。また、所長の西濱さんには、仕事の核心を話して頂き、今後大きく役立てていこうと思っています。接しさせて頂く時間が少なかったのが心残りではありますが。それでもあっという間の2週間、全てのことを含め良い時間を過ごさせて頂きました。このような場を提供してくださった西濱所長、スタッフのみなさん、ありがとうございました。オープンデスクを足がかりとし、これからを充実させるよう目標を見つめ、歩いていきたいと思います。ありがとうございました。


2005.10.17~2005.11.5(3週間)
大阪工業技術専門学校(1回)
Hくん(23歳)

コンパスのみなさん、3週間お世話になりました。
3週間という短い期間でしたがCADやCGなど色々とみなさんに教えてもらいすごくためになりました。オープンデスクの期間中色々なことをやってきましたが一番の収穫はみなさんが働いている空間に自分がいれたことだと思います。みなさんの働いている姿を見ながらモノづくりというものがどんなものか少しは読み取れたと思います。
短い期間でしたがありがとうございました。


2005.9.15~2005.10.6(4週間)
大阪工業技術専門学校(2回)
Mくん(23歳)

三週間、あっという間でしたが、とても良い経験ができました。西濱所長、所員の皆さん、いろいろ教えていただいてありがとうございました。 コンパスのような、メリハリのある明るい雰囲気の事務所は、なかなか無いと思います。オープンデスクに参加したことで、設計事務所に対する見方が少し変わりました。これからも、仕事に、遊びにがんばってください。
今後、ここでの経験や、西濱所長にいただいたアドバイスを生かして僕もがんばりたいと思います。本当にありがとうございました。


2005.8.1~2005.8.31(4週間)
大阪市立大学生活科学部居住環境学科(3回)
Kさん(21歳)

長いと思っていましたが、終わってみると本当にあっという間でした。1日1日も終わるのが早く感じましたが、いろいろ学ぶことができ、充実した毎日だったと思います。初めて知ること・見ることばかりで、全てが興味深くて面白かったです。実際の設計業務を一部ですが経験して、思っていた以上に大変だということを実感しました。CADなど全く使えなくて、たくさんご迷惑をおかけしたと思います。質問する度に丁寧に教えて下さってありがとうございました。これから私も夢に向かって頑張ります。


2005.8.1~2005.8.26(4週間)
大阪工業技術専門学校(2回)
Aくん(20歳)

右も左も解らない僕を含めたオープンデスクの人達にjwCADの操作方法から丁寧に教えて頂いて手伝わしてもらった仕事内容も凄くいい経験になったし、何よりやってて楽しかったです。事務所の雰囲気も慣れていくにつれ凄く好きになったし西浜所長、そして所員のみなさんには本当によくしていただきました。他の事務所のことはわからないけどコンパスはオープンデスクにくる人にはVIP待遇と言えますね!笑  ありがとうございました!


2005.7.25~2005.8.20(4週間)
大阪工業技術専門学校(2回)
Tくん(20歳)

初日の花火見物から最終日まで約四週間のオープンデスクあっという間でした。僕にとってこのオープンデスクは大変良い経験になりました。この四週間で学んだ事を、今後の課題や進路や将来自分が建築物を設計する時などに活かしたいと思います。最後になりましたが、まだまだ未熟な僕に最後まで優しく接してくれた西濱所長と所員のみなさん大変お世話になりました。ありがとうございました。


2005.3.22~2005.4.8(3週間)
中央実務専門学校
Hくん(25歳)

三週間のオープンデスクがあっと言う間に過ぎてしまった感じで、充実した毎日でした。事務所のみなさんには仕事が大変忙しい中でCADや図面の書き方、模型の作り方、一つ一つ丁寧に教えていただき、学校では得られない知識を多く得ることができ、改めてもの作りの楽しさ再認識することができました。所長の現場へ向かう車内での考え方やカリスマ的トークを聞く度に感心させられる事ばかりで、いつかどこかでパクラしてもらおうと思います。考えていた以上にすごい所長でした。まだまだ教えていただきたいことがたくさんあったのにオープンデスクが終わってしまった事は残念ですが、この事務所で得たことをこれからも生かしていきたいと思います。短い期間でしたがみなさんありがとうございました。


2005.3.14~2005.4.8(4週間)
京都芸術デザイン専門学校クリエイティブデザイン学科
Cさん(21歳)

所長、所員の皆さん4週間大変お世話になりました。
建築の知識が無いに等しい私にたくさんの経験をさせていただき、本当にありがとうございました。所長の話や、CAD、現場見学、模型作りいろんなことができました。学校では体験することのできないことばかりで、成長することができたと思っています(人としても)。仕事として設計がしたいと強く思いました。とても忙しい中、丁寧に教えてくれたり優しくアドバイスをくれたり楽しい日々でした。ありがとうございました。皆さん体調を崩さぬようこれからも頑張って下さい。また遊びに行きたいと思います。


2005.3.14~2005.4.2(3週間)
鳥取環境大学 環境情報学部デザイン学科(3回)
Mさん(21歳)

不慣れなCADでなかなか要領が悪い私に、皆さん仕事がお忙しい中、丁寧に教えて下さってありがとうございました。 「教える・習う」という姿勢が身についている雰囲気の中で、オープンデスクの目的であった設計事務所で働くことが、どんな感じなのかが分かる良い機会になりました。 学校では学べない建物を造る上で本当は必要な大事な過程を、一部でしょうが皆さんそれぞれから垣間見ることが出来てよかったと思います。  3週間本当にお世話になりました。 またお会いできる機会を楽しみにしています。


2005.2.21~2005.3.19(4週間)
金沢大学工学部土木建設工学科(3回)
Tくん(21歳)

今回、open-deskに参加して、所長、所員、他のopen-deskの皆さんには大変お世話になり、本当にありがとうございました。
建築設計に関して殆ど知識のない、私にとっては、一日一日がとても新鮮であり、みなさんのおかげで充実した一ヶ月を過ごすことができ、open-deskに参加して本当によかったと感じています。

金子さん、北野邸の完成楽しみにしています。また連絡くださいね。
坂本さん、いろいろと気にかけていただきありがとうございました。
濱田さん、あの寿司の味、忘れません。
東野さん、東野邸に泊めていただきありがとうございました。
福山さん、「これがパラメトリックですか~!!」・・・めっちゃおもしろかったです。
吉田さん、コンパスの華としてがんばってください。
最後に、所長にはこのような大変貴重な機会を与えてください大変感謝しています。

皆さん本当にお世話になりました。またの機会に遊びに伺うのを楽しみにしています。


2005.2.21~2005.3.11(3週間)
京都工芸繊維大学工芸学部造形工学科入学(3回)
Kくん(22歳)

振り返って思い出すと非常に有意義な三週間だったと思います。三週間は長いかと来る前は思っていましたが、コンパスに通ううちに三週間って短いと感じました。大学のカリキュラムではカバーしきれない実地の風景を体験できたことが非常に勉強になりました。オープンデスク期間暖かく迎えてくださったコンパス設計工房のみなさんに感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。


2004.10.18~2004.11.12(4週間)
大阪工業大学 工学部 建築学科(4回)
Kくん(23歳)

短い期間でしたが、現場を見学したりこれからできていく建築をCADで図面を書いていったりと、普段大学で受ける授業では体験ができない事がいろいろと体験できました。そのため大変充実した期間でもあり、貴重な体験をすることができました。そして同時にスキルもアップもできたと思います。そして実務をされている方に囲まれているため、いい緊張感と意識の高さを感じました。また大学でする建築の勉強はほんの一部で建築に関することはまだまだ無知に近かったので、オープンデスクに参加することによって少し建築の知識が付きました。そのコンパス建築工房で得たいろいろなことをこれからの残りの大学生活や卒業して就職して社会人となってからもいかしていきたいです。
最後になりましたが、事務所の方々にはご迷惑をかけぱなしでしたがいろいろと教えて頂いたりとお世話をして頂いて大変感謝をしております。有難うございました。


2004.9.27-2004.10.16(2週間)
姫路工業大学(現 兵庫県立大学)環境人間学部在学(3回)
Hさん(23歳)

所長さん、所員の皆さん、2週間という短い間でしたが、親切に指導して頂いきありがとうございました。今回のオープンデスクでは、大学では学べない実践的なことが学べました。事務所内が慌しく忙しいなか、所員さんには、丁寧に指導して頂きました。本当に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。
力足らずではありましたが、皆さんのお手伝いが出来て良かったです。主に図面を書く
仕事をお手伝いしましたが、今回のオープンデスクでは様々な図面に関わらさせて頂きました。図面を書くのは地道な作業ですが、やりがいを感じます。楽しく仕事が出来ました。
所長さんには、現場見学に同行させて頂きありがとうございました。貴重な体験が出来ました。竣工後にぜひ見学に行こうと思います。


2004.9.27-2004.10.16
福井大学工学部建築建設工学科
Yさん(23歳)

所長、所員の皆さん、短い間でしたが本当にありがとうございました。思った以上に毎日が楽しくて、あっという間に3週間が終わってしまいました。所長が現場見学に行く車の中で話してくださったことや、所員の皆さんの話を聞いて、今の自分に足りないもの、これからの自分の進むべき道が見えてきたような気がします。「作業」と「仕事」の違い、人とコミュニケーションを取る大切さ、そしてなにより相手の立場に立って物事を考えるということがどれほど重要かということを改めて考える機会が得られて、とても貴重な経験をすることができたとうれしく思っています。
所長をはじめ、所員の皆さんもとても明るく、個性の強い人ばかりで本当におもしろかったです。洗顔した後にティッシュで顔を拭く、太っ腹でかっこいい人もいましたし(笑)
皆さん、忙しい中、仕事の内容やCADの使い方など丁寧に教えてくださって本当にありがとうございました。本物の図面に触れることもできてとても充実したオープンデスクになったと感じています。
私も皆さんに負けないように一歩ずつ前に進んでいきたいと思います。いつかどこかで一緒に仕事ができることを夢見て、これからもがんばっていこうと思います。本当にありがとうございました。
P.S ミルクをやかんであたためるときは注意してくださいね(笑)


2004.9.6~2004.10.2(4週間)
琉球大学 工学部環境建設工学科建築コース
Mさん(22歳)

4週間大変お世話になりました。毎日が初めてのことばかりで、とても充実した4週間を過ごせました。CADを全く使ったことのなかった私にとって、初日のCAD練習が一番辛かったです.スタッフの方に、一通りの操作説明を丁寧に教えて頂いたのですが、なかなか進めず、その度にスタッフの方が何度も教えて下さり、なんとか終えることが出来ました。その後は、一つの物件を現地調査から関わらせて頂きました。全体のおおまかな流れが分かり、とても勉強になりました。
この4週間での内容は、大学では学べないことばかりでした。実際に働いている姿を近くで見ることで、その雰囲気を味わえたのは、貴重な体験でした。
こんなに明るく楽しい事務所で実習生活を送れてよかったです。事務所で得たものをしっかりと心に留め、頑張っていきます。所長をはじめスタッフの方々には本当にお世話になりました。ありがとうございました。


2004,9,6~2004.9.24(3週間)
神戸芸術工科大学 環境デザイン学科
Kさん(23歳)

人と人とのつきあい、自分とモノとの関わりあいが何より大切だというのを身にしみて感じました。それと丁寧さとスピードが要求される難しい仕事だと思いました。私が最も苦手としていることが必要と言われたので、自分なりに積極的に努力したつもりが逆効果でいろいろと使えなかったり、迷惑かけたり、いたらないことがあって申し訳ありませんでした。でもここで教えていただいたことは、すごくためになったし今後の自分の学業に役立てたいと思います。本当にありがとうございました。
〇CAD操作の難点
・Auto-CADに慣れてしまっていたので、初め範囲選択やスナップなどの基本的な違いにとまどいました。アットマークを入れずに数値入力できるところや、コントロールキーやシフトを押さずにコマンドを選択できるところは便利だと思いました。


2004/08/30~2004/09/18(3週間)
大阪デジタルテクノ専門学校 生活環境デザイン学科
Yくん(19歳)

振り返ると不安を抱えていたあの頃がとても懐かしく愛しくさえ感じます。三週間という月日は瞬く間に過ぎ去ったように思え、今では想像することしかできなかった実務を体験することができとても新鮮で内容の濃い時間であったと感じています。私が入った頃は業務内容といえば主に肉体労働でしたがそれが逆に所員の皆さんとの距離をより早く縮めることができたきっかけであったと思っています。良かったです。。。その他、物件に携わさわる 現場視察 など貴重な体験ができたステータスは自分の自信にも直結し、このオープンデスクを通じて一皮剥けた自分に出会えた気がしています。ここで学んだコミュニケーションの重要性を主とする全てのことをこれからの糧とし、より一層頑張っていきたいと思います。
とても忙しく、張り詰めた空気の中でも優しく丁寧に指導してくださった所長さんはじめコンパス所員の皆さん本当にお世話になりありがとうございました。そしてご馳走様でした。
恵まれた環境で業務に携れたことは本当に良い経験になったと思います。


2004.8.9~2004.9.4(4週間)
大阪工業大学 工学部建築学科
Mくん(23歳)

私は、ここに来るまで自分の進路についてずっと迷っていました。
建築の道を歩むか、それとも音楽の道を歩むか。
今までの経験で二つを天秤に掛けても、きれいにつりあってしまう。
しかしここに来て真剣に、建築の道を歩もうと決めました。
1つの建築をつくるのに、ここまで人と時間と労力を必要とするのかと。
ここまで精神をすり減らし、自らの限界と戦っていく職業なのかと。
そして同時にこんなに達成感があり、こんなに人を感動させることが
出来る仕事なのかと改めて考えさせられました。
所長をはじめ、スタッフの皆さんには本当にお世話になりました。
建築以外にも生きていく上で大切なことを教わった気がします。
ほんとにありがとうございました。


2003.08.09~2003.09.04(4週間)
大阪デジタルテクノ専門学校 生活環境デザイン科
Uくん(23歳)

今になって思い起こせば、初日に聞かせて頂いた所長のお話を、身をもって勉強させていただいた四週間だったと思います。あの日、人の話を聞いて久々に鳥肌のたったのを覚えていますが、その中のひとつに、著名な建築家がなぜ著名足りえるのかというお話をされて、それは、デザインという側面よりも、その奇抜なデザインを実際に完成にまで持っていく能力がある点にあるとおっしゃいました。この点こそが学生と、社会で職業として建築に携わっている人間の、想像以上に大きな隔たりであると感じました。事務所でのやりとりを見聞きし、現場にも同行させていただいたりして、その意識をより強くしました。同時に建築という行為の社会的責任の重さも実感しました。そして、男の僕でも魅力を感じる所長を筆頭に、所員の方もよくぞこれほどバラエティに富んだメンバーがそろったという印象で、第一印象をこれほどまでくつがえされるとは…。甘く囁く年上キラー。切れ味冴えるつっこみ王。エクレア大好きS本さん。若干Mの御曹司。忙しい中嫌な顔ひとつせず、どんな些細な質問にも真摯に答えてくださる男前ぞろいでした。CADや写真補正、模型作成に現場見学、さらには事務所屋上のプチ建築施工にまで携わらせていただいて、自分が何も知らないことを知れた貴重な時間でした。今回の研修で設計事務所のひとつのものさしを持つことはできましたが、少し良すぎるものさしを持ってしまったのではないか心配です。こんなにあっという間に終わるのならもっと迷惑かけとくべきでした。また邪魔しにこさせてください。四週間お世話になりました。


2004.08.02~2004.08.27(3週間)
大手前女子短期大学 住生活コース
Mさん(19歳)

3週間、大変お世話になりました。オープンデスクをやって本当によかったと思います。
オープンデスクに申し込んだ時は、意気込んでいたんですが、日にちが近づくにつれて、就職活動のあせりで、3週間はほんまに長いと感じ、申し込んだことを少し後悔していました。だけどこの3週間、事務所の仕事に実際にふれたことで、就職してからの自分を全く想像できずにいた私の、本当に大きなはかりになったと思います。また、所長さん、事務所のかた、他のオープンデスクのかたからたくさんのアドバイスを頂き、自分のこれからやるべき事などが見えてきたと思います。
さてさて、事務所に対する感想はといいますと、所長さんの聞き耳のすごさと知識の量にびっくりです。事務所のかたはといいますと、皆さん、なんか若いです。
仕事に対する厳しさや、まじめさ、全く知識の無い私にも快く教えてくれる、みなさんの人柄が大好きです。3週間、本当にありがとうございました。
所長さんのボルボはよくすべったなー


2004.7.20~2004.8.7(3週間)
京都国際建築技術専門学校 建築科コース
Hくん(24歳)

実際の設計現場では、多くのことを学ばせていただきました。教えていただいたことのすべてを理解できたかといえば、いささか不安ですが、自分に足りないもの、これから身に付けなければならないものがわかったことが、大切なのだと思います。 また、事務所の人達に出会い、いろいろな話ができたことも、自分の大切な財産になりました。いつも一生懸命な紅一点がいて、クールっぽい九州男児がいて、うんちく王がいて、少し出っ歯のイケメンがいて、パンツ見せながらポテチをむしゃぶる人がいて、そんな皆さんから、愛し愛されている所長がいて。このような事務所の風景が最後に思い浮かぶのは、建築の知識、技術的なことの前に、人間として魅力的であることを、所長並びに所員の皆さんに教えていただいたからだと思います。 あっという間の三週間でしたが、忙しい中、一から丁寧に教えていただき本当にありがとうございました。この体験を今後の人生にいかしていくことが、皆さんへの恩返しだと思い、がんばっていきたいと思います。


2004.7.05~2004.7.23(3週間)
群馬日建工科専門学校 建築CAD設計科 2年
Sくん(20歳)

・ はじめて、HPを拝見したときからオープンデスクに応募する事をきめていて、将来の自分の仕事の方向を決めていく上で良い経験になったと思います。設計事務所というものがどのような仕事をするのか、どのような雰囲気なのかを体験できてとても良い勉強になりました。関東から出てきて少し不安でしたが事務所のメンバーの方もとても暖かくて大阪で兄貴が出来たみたいでした.
・ 私は、これから、就職していく上で本当に良い経験になり、方向性が決まってきた3週間でした。本当にお世話になりました。


2004.6.21~2004.7.9(3週間)
大阪工業技術専門学校建築学科
Tさん(28歳)

この3週間の感想を一言でいうと、あっと間に過ぎてしまったが、とても充実していた期間であったということです。皆さんに迷惑をかけてしまうのでは?と不安な気持ちで事務所のドアの前で緊張していたのがつい昨日のことのように感じます。
今回のオープンデスクにあたり所長をはじめ事務所のスタッフの皆さんにはいろいろとご指導いただき本当にありがとうございました。今回の一番の収穫は、生の仕事に直接触れる事が出来たことです。
やはり机上の勉強とは全く違い、仕事では相手があるということで大変な責任が必要だと感じました。また現場での打合では、施主、施工者、設計者のコミュニケーションがとても重要であることに気が付きました。
今、設計という仕事についている自分の姿を想像し、今まで以上に頑張らなくてはと意気込んでいます。
短い間でしたがありがとうございました。


2004.06.14~2004.07.03(3週間)
大阪工業大学 工学部建築学科
Nくん(23歳)

3週間という短い期間でしたが、所長をはじめ、所員のみなさん、貴重な経験をさせて頂きまして、ほんとうにありがとうございました。
オープンデスク参加が決まった時は、何もわからない自分に不安を感じ、所員のみなさんに迷惑をかけることになるのではと心配していました。しかし、いざ参加してみると、みなさんとても親切な方ばかりで、とても安心しました。
芦屋の住宅現場に連れて行ってもらった時に、模型で見たままの形の家が出来ていたことにとても驚き&感動しました。一緒にオープンデスクに参加していた長屋さん、豊島さんと三人で、カメラを片手に『かっこえぇ~なぁ~』と感動したときの気持ちは忘れていません。その住宅を見たとき、建築の道で頑張っていこうとしている自分にとってかなり衝撃的ですごく励まされた気持ちになり、いつか自分もこんな仕事ができればいいなと思いました。ほかにも現場実測や打合せ参加など、今までに経験したことのない時間を経験させて頂き、とても勉強になりました。あと、所長さんの『山頂を見続けていることが大切だ』というお話もすごく心に残っています。ありがとうございました。
濱田さんをはじめ、粟田さん、坂本さん、福山さん、西さん、そして同じ愛媛出身の杉本さん、昼休憩の時や仕事の合間にいろいろな話を聞かせて頂いたり、笑わせて頂いたりと、みなさんのおかげで、たいへん楽しくオープンデスクに参加することができました。ありがとうございました。また機会があったら、『もとや』に連れて行ってください。
短い間でしたが、ほんとに充実した時間を過ごすことができました。この経験を糧にこれから頑張っていきたいと思います。みなさんほんとにありがとうございました。


2004.6.7~2004.6.25(3週間)
New York School of Interior Design
Nさん(23歳)

3週間、毎日が新しい事だらけの日々でした。Jw-cadに始まり、施工図や展開図、現場見学、学ぶ事がいっぱいでした。日本では、建築業界に携わったことも無ければ、勉強もしたことがなかったので、かなり不安はありましたが、逆にその違いがすごく新鮮でよかったです。建築用語も日本語でままならなかったのが、すこしVocabularyが増えた気がします。所長の話はどれもこれも学ぶことがたくさんあって、おもしろかったです。現場に向かう車の中、直々のお話、事務所内での会話、全部です。その中でもスピードとコミュニケーションの大切さは一番心に響きました。この二つの言葉を頭にいつも置いておき、これからいろいろな人に会い、Communicationし、いろいろな事を吸収していきたいなと思っています。課題をやっていく中でスピードも必ず必要とされているので、効率よく物事が進めるように常に考えて取り組んでいきたいです。粟田さん、濱田さん、坂本さん、福山さん、西さん、初歩的な質問に丁寧に答えて頂きありがとうございました。それぞれの人から、それぞれの事を学び、いろいろな話ができて、すごく楽しかったです。朝に慣れてなかったので、最初の頃は結構つらかったですが、今では事務所に来るのが楽しみになりました。こんな貴重な体験をさせていただきまして、ほんとに感謝しています。Before After、向こうで必ず見ますね~。これから、もっと自分の登りたい山にむかってどんどん突き進んでいきます。所長をはじめ、所員のみなさん、これからもどんどんカッコイイ建物を作ってください。帰ってきたときは、遊びに来ます


2004.5.24~2004.6.11(3週間)
山口大学大学院 理工学研究科感性デザイン工学専攻
Yさん(23歳)

就職活動の時期になり、自分は将来何がしたいのか、何に向いているのかが見えなくなり、建築をやっていけるのだろうかと自信を失っていました。建築の現場に触れて自分を見つめ直したいと思い、オープンデスクに参加しました。
皆さん、おもしろい方々ばかりで、毎日事務所に行くことが楽しみでした。あっという間に三週間が終わり、山口に帰ることをとても寂しく思います。
最初、所長から、「仕事はスピードが大事」だと教わり、それから、「どうすれば早くて完成度が高い仕事ができるか」を考えてから仕事をするようになりました。「仕事を早く終わらせる」ことと「手を抜く」ことの違いも分かりました。どんな仕事でも、一生懸命すると、学べることはたくさんあるんだなぁと思いました。
そして、この三週間で毎日色々な刺激を受け、私もやはり、皆さんのように、建築で人を幸せにしていきたいと改めて思うことができました。これからは、この思いを忘れず、建築という世界の中で、自分がやりがいを持てる職場を探したいと思います。
所長、ならびに所員の皆様、三週間本当にありがとうございました。このような機会を与えてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです


2004/5/17-2004/6/5(18日間)
大阪工業技術専門学校 Ⅱ部建築学科
Mくん(26歳)

事務所の移転日とオープンデスクの初日が重なり、とてもお忙しい中、色々とご迷惑をおかけしたことが多かったかと思いすが、そんな状況の中でもとても親切に接してくださった所長そして所員の皆様、本当にありがとうございました。
アトリエ設計事務所の仕事に対する考え方や取り組み方を知りたく参加させていただきましたが、建築をつくりあげていく上でのコミュニケーションの大切さや相手に自分の考えをいかに分かりやすく伝えるかという基本的なことの大切さなど、所長にお話していただいたことにはとても説得力があり、またそういったことが忙しい中みなさんが助け合いひとつとなり仕事に取り組まれている熱意や姿勢が事務所の雰囲気にも表れており、これからの自分を考え直させられるとても影響を受けた経験となりました。
あっという間に3週間が過ぎてしまい寂しい気持ちで一杯ですが、とても多くのことを学ばせていただきました。ありがとうございました。


2004.4.13~2004.5.1(18日間)
摂南大学 工学部 建築学科
Uくん(21歳)

所長、所員のみなさん、3週間本当にありがとうございました、1日1日帰って日記を付けながら、明日はこう生きようと、そんな事を考えながら過ごせた日々は、僕がこのオープンデスクで学ぼうと思っていた事を非常にいい意味で裏切ってくれました、僕の場合日数が限られていたので、技術的な事は、他の人と比べて学べた量は少なかったと思いますが、今の僕にとってはどうでもいい事です、それ以上に”建築”とは何なのかと考える事が出来ました、この事務所で学んだ今の僕なりの答えは、”建築=人”なんだなと自分なりに思っています。建築は人間が考え、人間が作り、人間が使う、当たり前の事ですが、この事務所で働いて、そんな事を、色んな側面から考え、自分なりに理解することが出来ました。最後に西濱所長、叱って頂いてありがとうございました。あの日以来、日々意識して心がけて実行しています、もう二度と同じ事で叱られないようにします。


2004.3.22-2004.4.9
京都工芸繊維大学工芸学部造形工学科
Sくん(21歳)

所長、ならびに所員の皆様、三週間という期間本当にありがとうございました。そして、私のようなやんちゃ坊主の世話をしていただき、本当にご苦労様でした。二日目、三日目に所長がおっしゃった言葉は本当に身にしみて、自分の姿勢というものに対する考え方において、これからの糧になったと今振り返って思います。ありがとうございました。オープンデスクを通して、社会という中で建築という行為を行うことがどのようなものであるかということが、三週間という短い期間ではありましたが、少しだけ理解できたかのように思います。所長、ならびに所員さんはみなさん本当に個性が色濃く、皆さんの共通点はある意味においての変態だとまとめることができると思いました。私も、これからの人生の中で、より、ある意味における変態の高みを目指して頑張っていきたいと思います。
追伸 三種の神器はどれも美味しかったです。


2004.3.9~2004.3.25(17日間)
近畿大学 理工学部 建設学科
Sくん(22歳)

所長、所員の皆さん、3週間大変お世話になりました。お忙しい中、様々な事を丁寧に教えて頂いてありがとうございました。早い段階からいろいろな仕事を任せていただき日々勉強の毎日でした。大学では学ぶことの出来ない実際の仕事をしている現場での人間関係の大切さや、設計をするための技術的な勉強のほか、基本的な礼儀や責任など社会人として大切な姿勢というものを多く学ぶことが出来、これからの自分にとって大切な多くの引き出しを手に入れることが出来ました。
そして、筋肉痛になるまで必死に頑張った腕相撲大会大変楽しかったです。ジャンケンの様な結果には多くの謎が残りましたね。
全てにおいて熱い心を持った皆さんと様々な経験が出来て大変良い経験になりました。本当に楽しかったです。どうもありがとうございました。


2004.3.1~2004.3.19(19日間)
新潟大学 工学部 建設学科
Kさん(22歳)

始まったばかりの頃は慣れなくて、どうしようかと思っていたのですが、3週間はとても早かったです。そして、楽しかったです。満足に仕事ができなかったり時間がかかったりとご迷惑をかけることもありましたが、いつも丁寧に教えて頂いてありがとうございました。
仕事をしている現場をじかに見て、さらに自分に任せられた仕事をやっていく中で、今の自分に不足している点がすごくよく見えました。そして所長やスタッフのみなさんからは、普段は知れないことを聞けて、勉強になりました。実際の社会に出て働くことの厳しさを知れたことは、本当に良かったと思います。自分を見つめる良い機会になったと思います。
自分が実際社会にでるまであと2年間、事務所で学んだことを少しでも生かせるように、また自分のやること1つ1つには責任を持っていたいと思います。
大変良い経験になりました。どうもありがとうございました。


2004.2.16~2004.3.6(20日間)
秋田県立大学 システム科学技術学部 建築環境システム学科
Oさん(21歳)

この3週間本当に楽しく勉強させていただきました。事務所での仕事もやりがいがありましたが、現場、実地調査、雑誌の取材、時にはそのついでに建築巡りなど「こんなにいろんな所に連れて行ってもらえた人はいない」と言われるほど、いろんな場所に連れて行ってくださいました。ありがとうございました。
施主さんと接する所長やスタッフの方々を見て、こんなに多くまた身近に、人と接し、人が喜ぶ顔を見、お話をすることのできる仕事にあこがれました。幸せそうな施主さんを見ると、こちらまで嬉しくなりました。
初めに所長から、登りたい山の頂上を見て登れば、人によってサッサと登る人もいればゆっくり登る人もいるが、夢は必ず叶うというお話をいただきました。今、自分の将来について考えていた私は、心を動かされました。山を登る人の、私は決してその前者のほうではありません。しかし、オープンデスクを終えて、私は山の登り方を知ったように思います。本当にありがとうございました。


2004.2.9~2004.2.27(19日間)
近畿大学 建築学科
Kくん(22歳)

この3週間で感じたことは所長がおしゃっていた「人と人とのコミュニケーション」の大切さ。一つの物事についてなぜこうなったのか複数の視点から物を見る大切さ。言われたことをただやるのは作業、自分なりに相手の立場に立って工夫するのが仕事。それらの事を所長や所員の方々の仕事をしている姿を近くで見ていて、ヒシヒシと感じました。
また、実測や雑誌取材、新しく建った住宅などに連れて行ってくださった事全てが初めての経験ですごく楽しかったですし、お施主さんと会話ができたのも楽しかったです。
所長、所員の方々には迷惑をお掛けしたのと同時に、仕事が忙しいときでも、いろいろ教えて頂いたり、かまって頂いたり本当にありがとうございました。
所長がおっしゃっていた「登りたい山の頂上を見ていれば、いつかは辿り着ける。」これから先、5年後10年後も山の頂上を見ながら、その山を登っていければいいな。と思います。


2004.01.28~2004.02.13(約3週間)
神戸大学  工学部建設学科卒業
Mさん(26歳)
約2年間勤めていた会社を辞めてから,自分は本当に建築が好きなのか、この仕事に合っているのだろうかと考えていました。その反面、住宅設計に惹かれる気持ちもあり、今回オープンデスクとして参加させていただくことにしました。実際にいた期間は2週間と少しですが、その間に多くの事を得ることができたと思います。所長や所員の皆さんに教えて頂いたことは本当に勉強になり、人に教えるというその姿勢やその知識の多さにも驚きました。人に説明するときにはまず自分がしっかり理解していることが大事なのですね。また、期間中に現場や講演会に同行させていただき、この世界で仕事をしていく上でこれから多くの人と出会い関わりあっていく中で、意思を伝えることがいかに重要かを改めて実感しました。そして今日最後の日を向かえて,冒頭の私の中の疑問にはまだ結論は出ていませんが、自分のやりたいことに対してまだまだ努力が足りないというのが今回参加して出した一つの答えでもあります。住宅設計という分野に少しでも携わることができて本当に楽しかったです。短い間でしたがありがとうございました。


2004.01.13~2004.02.07(4週間)
摂南大学工学部建築学科
Fくん(25歳)

4週間という短い間でしたが、お世話になりました。
今まで関わることの無かったたくさんのことに触れることができ、たいへん勉強になりました。所長や所員の皆様にはお忙しい中、親切、丁寧にいろいろと教えていただきまして、感謝の気持ちでいっぱいです。
おかげさまで、今の自分に足りないものや、何が必要で、どんなことを学んでいくべきなのかといった方向性が分かったように思います。ここで教えていただいた様々なことを活かせるよう、今後とも努力していきたいと思いました。
ありがとうございました。


2003.12.22~2004.1.16(実働3週間)
三重大学工学部建築学科卒
Uさん(26歳)

年末年始の慌ただしい時期にお世話になりまして、大変感謝しております。
設計事務所の仕事のお手伝いを通して、プレゼンテーション能力の重要性や図面の作成に対する膨大な仕事量など、実感できてよかったです。
毎日、所員の皆さんが所長と打合せを繰り返し計画を進めていっている同じ空間にいる だけで、緊張感があり、刺激をうけました。
一度、図面の縮図版の綴じる順番を逆にしてしまい、’仕事を作業にしているからだ。’と所長に注意をうけたときは、ほんとに情けなかったし、悔しかったし、早く給料をもらって、責任のある仕事をしたいと痛感しました。
一つの建物を設計から生み出していく過程を少しですが、間近に見ることが出来たことを今後に役立てていけるように頑張っていこうと思います。
今年中に仕事をみつけて皆さんと同じ建築の世界で早く仕事して追いつきたいです。
また、よければ、事務所に顔を出せればと思います。うどん食べに行きましょう。
さようなら。


2002.10.28~2002.11.08
大阪デザイナー専門学校 建築デザイン学科
Nさん(23歳)

二週間という短い間でしたが、今回のオープンデスクで得たものは非常に大きかったです。実際に事務所に来させていただいて学校では決して出来ない体験をたくさんさせていただきました。少しでも多くのことを吸収しようと思い所長やスタッフのみなさんの会話には常に耳を傾けていました。事務所に身を置いているだけでも肌身に感じるものは非常に多く厳しさを知ると同時に楽しさも知る事ができました。所員の皆さん気さくな人ばかりでとても居心地が良かったです。何のお役にも立つことができませんでしたが今後この経験を生かしていこうと思います。ありがとうございました。


2002.10.07~2002.10.24
京都工芸繊維大学 デザイン経営工学科
Oさん(21歳)

3週間大変お世話になりました。何やっても失敗ばっかりで本当に迷惑をかけました。
大学の課題では失敗しても自分の仕事が遅れるだけで誰にも迷惑はかけなかったのであまり気にしなかったのですがオープンデスクに来てこれじゃいけないな!!と反省しました。そして社会人の一員にちょっとなった3週間で「社会人は甘くない!」という結論に達しました。このオープンデスクの経験をバネに今後も頑張っていきたいと思います。
あと…1週間目で風邪をひいて咳が出ているのにもかかわらず事務所に来てみなさんにうつしたっぽい(たぶんうつした)ことは本当にすいませんでした。所長が咳をするたびにドキドキしていました。この場をかりてあやまります。すいません。
反省ばかりの3週間でしたがとっても楽しかったです。ありがとうございました。


2002.09.24~2002.10.11
大阪工業大学 建築学科
Sさん(22歳)

3週間という長さとアトリエ系事務所という敷居の高さに最初はすごく不安でした。でもはじまってみるとあっという間に終ってしまいました。雰囲気にもようやく慣れてきた頃に終らなければならないのはやはり寂しいです。この3週間は毎日が初めての連続で本当に毎日新鮮な気分でした。今の時期はオープンデスクとしては運が悪いとも言われましたが、逆にそのおかげでテニスによんで頂いたり、色々なお話を聞かせて頂いたり、所長自ら建築案内してくださったり、林雅子展に連れて行って頂いたりと本当に楽しかったです。また所長の厳しいけどおもしろい所とか、人としてすごく憧れる人だと感じました。私もいろんな経験をつんで素敵な大人になりたいです。就職に迷って参加したオープンデスクですが、事務所の雰囲気や仕事などもわかり、よかったです。最後に、オープンデスクに来て本当に良かったと思います。自分の方向性も定めることができましたし、たった3週間ですが普通に学生生活していてはできない経験をさせていただき自分自身とても成長できたような気がします。スタッフの皆さんには迷惑ばかりかけたと思いますがお世話してくださってありがとうございました。なにもできない学生にこんな良い経験の場を開いてくださっているコンパス建築工房に本当に感謝します。ありがとうございました。この経験を無駄にしないようにがんばります。
もしも人手が足りなくなったらいつでも呼んでください。よろしくお願いします。PS:羽衣屋ちょくちょく見に行きますね。完成楽しみにしてます!


2002.09.02~2002.09.21
京都女子大学 生活造形学科
Jさん(21歳)

実際に通い始めると3週間があっという間でした。簡単な模型もろくに作れなかったときは自分が情けなくて悔しかったです。先生が厳しく言っておられた「スピード」と「要領良く」というのは今の自分に一番足りないことだったので、コンパスに来て一番勉強になった部分でした。強く肝に銘じておきたいと思います。「こだま」と「高宮画廊」の見学にも行くことが出来てうれしかったです。施主さん達がとてもお気に召されている様子が印象的でした。私もいつか先生のような素敵な建物を造ってみせます!先生、皆さん、いろいろご指導頂きありがとうございました。これからコンパスでの経験をしっかり活かして頑張ります!!


2002.08.12~2002.08.31
神戸大学 自然科学研究科 M1
Kさん (24歳)

小規模なアトリエ事務所での仕事の流れや実務的な細かなこと、雰囲気が知りたいと思っていました。現場や撮影に連れて行っていただいたこと、図面やコンペなど幅広くいろいろなことをさせていただき勉強になりました。できた建物を見にいったり、施主さんが新しい家に本当に喜んで住んでおられる様子を知ると、私も人に喜んでもらえるこんな仕事をしていきたいとあらためて思いました。CADなどパソコンの技術だけでなく、仕事をするうえで心がけることなど、これから私が身に付けることがはっきりしたことも大きな収穫でした。そして、特に所長のお話は、今後就職を決める時参考になると思います。ありがとうございました。川口邸の改装が実現しないのはとても残念ですが、民家の劇的な改装楽しみにしています!放送の予定が決まったらぜひ教えてください。


2002.07.31~2002.08.13
大阪工業大学 建築学科 3回生
N 君 (21歳)

オープンデスクを終えて充実感と寂しさを感じます。あっという間の二週間でした。毎日が学校の課題提出前の忙しさにも関わらず、疲れていても少しでも長い間事務所にいて何かしていたい気持でいっぱいでした。期間中には、模型作成やCADによる図面作成や訂正などの色々な経験を積まさせていただきました。中でも楽しかったことは、所長自らガイドしていただいた東三国コンパス建築ツアーです。1つ1つの建物をコンセプト・デザインそしてクライアントとの設計を進めて行くうえでの裏話などを聞かさせていただきまして貴重な体験が出来ました。
今回オープンデスクを行うにあたり自分なりに何か1つ吸収出来る事を見つけようと思っていました。所長に自分の作品を見ていただいた時に「建築のおもしろさ・奥深さそして何よりも建築を使う人間の事を考えた設計が大事である。」とい基本的な事が非常に大事であると認識させられました。このことを建築と付き合って行く上で重要視していきます。これからは、カッコイイ図面が引ける様に頑張ります。そのような図面が引ける様になったら見せに来ますので、そのときはまた是非厳しい目でご指導おねがいします。


2002.07.22~2002.08.09
京都工芸繊維大学、造形工学科 3回生
Y 君 (25歳)

3週間という期間は最初は長いなぁと思っていましたが、いざオープンデスクが始まってみるといろんな仕事を頼まれ、いろんなところへ連れて行って頂いたりして結局一瞬のうちに終わってしまったような気がします。
ちょうど良い時期に当たったおかげか、完成した住宅をいくつも見学させて頂いたり、所長自らコンパス建築ツアーのガイドをやってて頂いたりして、本当にたくさんの作品を見せてもらくことができました。
所長さんからいろいろな話を聞くことができたのも貴重な経験になったと思います。建築に関する事はもちろんのこと、仕事に対する姿勢など、たくさん学ばせていただきました。
また全くできなかったCADもなんとか扱えるようになったみたいです。もうすこし仕事のお手伝いができる程度まで極められれば良かったんですが……また自分で勉強していきたいと思います。また機会があれば是非遊びに、いやお仕事のお手伝いに来させて頂きたいと思います。本当にありがとうございました。


2002.07.01~2002.07.19
大阪工業技術専門学校 2部建築学科 2年
A 君 (23歳)

三週間という期間、あっという間に過ぎてしまいました。CADの操作や事務所の雰囲気にも慣れ、これからかな?という時に終了ということで非常に残念に思っています。
特に印象に残っているのは、お施主さんとの打合せに立ち会えた事です。
お施主さんがうれしそうな顔をし、喜んでいるのを見て感動しました。
わたしも、人に感動してもらい、喜んでもらえるような仕事ができるよう、頑張りたいと思います。
そして、所長が最初の日におっしゃっていました、「人と人、物と物のコミュニケーション」を実践できる人物になれるように日々精進、努力しなければならない事も痛感いたしました。
大変お忙しい中、足手まといになったかも知れませんが、所員の皆様方にはいろいろ教えていただき本当にありがとうございました。
またいつかお会いできる事を望んでいます。


2002.06.10~2002.06.29
大阪工業技術専門学校 建築学科 (平成9年:卒業)
I 君 (25歳)

もう一度「空間づくり」がしてみたいと思っていた私をオープンデスク生として事務所に通うことを了解していただいた西濱所長には心より感謝しています。
事務所に通った3週間ですが・・・少しだけですがJw_cadを使えるようになったり、事務所の仕事を手伝わさせてもらえたり、雑誌の取材でカメラマンの方の助手をしたりと、短期間でしたが、とても良い経験ができたと思います。
話の仕方が上手くないので(所長に怒られるかもしれませんが・・・笑)、スタッフの方々(片山さん・粟田さん・上田さん)と世間話しなどができなかったのが残念です。ゴハンも一緒に食べに行きたかったのですが・・・。これから事務所に通うオープンデスク生の方々は!もっと自分をアピールしてスタッフの方々と楽しく作業・会話ができるように頑張って下さい。
今度、西濱所長・片山さん・粟田さん・上田さんにお会いしたときに「一人前になったぁ」と認めてもらえるように頑張りたいと思います。


2002.04.01~2002.04.20
関西大学 工学部 建築学科 3回生
S 君 (22歳)

三週間という期間でしたが大学の授業で週二回は休んでいたので実際はもっと短くてすごいはやく感じます。この三週間ではすべては無理でしたがコンパスでどんなことをやっているのかおおまかには理解できたのではないかと思っています。
所長やスタッフの皆さんにはとてもよくしてもらい、分からない事を質問すると丁寧に教えてもらいました。が、本当はもっといろいろ聞きたかったんですけど、忙しそうで言い出せなかった事もありました。
三週間、コンパスで過ごして、痛感したのは自分自身の知識の無さと設計においての考えの浅さでした。ものすごく当たり前の事ですけど、建築のプロとしてやっている所長とただの学生の自分との次元の違いは歴然としていて、建築家としてこれから生きていきたいと考えていたのがなんだか恥ずかしく感じたのと同時にこれからより努力していこうと決意できたと思います。
短い間でしたが本当にありがとうございました。


2002.03.25~2002.04.12
京都工芸繊維大学 工芸学部 造形工学科 3回生
Y さん (22歳)

短い間でしたが、CADの経験すらない私ががんばってオープンデスクをつづけてこれたのもスタッフのみなさんの親切な指導のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。応募するまでは不安なことでいっぱいでしたが、とても楽しい3週間でした。
初めて建築設計事務所の仕事を経験させていただいて感じたことは、所長もよくいっておられましたが、何事もつながりの中でなりたっていると感じました。人においても物においても思いやりが大切だと思いました。建築設計という分野にとらわれず、すべてのことにおいて同じ事がいえると思います。私は、建築という仕事は、技術が1番大事だと思っていましたが、それ以上に、人に対しても物に対しても向き合う姿勢が大事だということを学びました。初めて、オープンデスクを体験させていただいた事務所がコンパスで本当に良かったと思います。また来週から学校のほうが始りますが、前向きな良い気持でスタートができそうです。忙しい中親切にいろいろ指導していただいてありがとうございました。CADもなんとか使えるようになってきたので使いこなせるようにがんばります。


2002.03.11~2002.03.30
金沢工業大学 建築学科 3回生
A 君 (21歳)

今回、オープンデスクを通して考え方(建築に対して)から全く違うことを学びました。学生生活おいて、作品を提出する事は自己満足にしかつながらく、夢のまた夢の世界を造っているのだと思いました。実際、社会という現場にたった時、自己満足ではすまなく、人を相手とした、地域を相手とした、・・・など全てに相手をもつ社会であり、今、自分がしていることの差を感じました。その中、自分は今何をすべきなのか・・・、考えてもたくさんありすぎてパニックを起しそうです。その中においても、する事全てに自分を表現し、自分の色を探したいと思います。これら考えや社会を教えて下さった西濵所長含め皆様には、いろいろとお世話になりました。ありがとうございました。これからも、がんばりますので何かあればよろしくお願いします。


2002.03.07~2002.03.22
明石工業高等専門学校 建築学科 5年生
N さん (20歳)

学校の授業の中では教えてもらえない設計の仕方を教えてもらいよっかたです。
ひとつのことにとらわれずに作業を早くこなしていくということが大事だということが分かりました。大変でしたけれど。
片山さん、粟田さん、冨松さん分からないところや、やることなどを教えてもらいありがとうございました。
所長に言われたことは、私が建築をしていく中でダメなところをとてもついていたので、これから言われたことを忘れずに行きたいと思います。


2002.02.18~2002.03.08
京都芸術デザイン専門学校 クリエイティブデザイン学科
E さん (19歳)

初めはCADも全然出来ない状態で、作業も遅くコピーすらできなくてすごく不安でした。でも、何もわからない私にみなさんすごく親切に教えて下さって本当にありがとうございました。クライアントとの打合わせや現場にも連れていって下さって、勉強になりました。
3週間がすごく早く過ぎました。短い間でしたけど、お世話になりました。
ありがとうございました。


2002.02.13~2002.03.02
大阪工業大学 建築学科 2回生
S君 (21歳)

初めて、実務的なことをさせていただいて、いい経験になりました。確認申請を持って行かせてもらったり、水道管を調べに行ったり、貴重な体験ができました。意外と皆さんもくもくと仕事をされているにのおどろきました。イメージとして、もっと喋りながら作業をしているものとばかり思っていました。
知識が乏しいため社員の皆さんにいろいろと迷惑をかけてしまいました。すみません。。。
カルナバールちゃんとできるか、不安です。がんばってください!!
長い間お世話になりました、ありがとうございました。
なんかあったら電話ください、すぐに来ますんで!!


2002.01.28~2002.02.16
京都女子大学家政学部 生活造形学科 2回生
Kさん (20歳)

このコンパス建築工房での3週間、いろいろな仕事を親切に教えて下さってありがとうございます。設計に関わる仕事全てがとても新鮮で、良い経験をさせてもらいました。時には現場に連れてってもらったり、パースの描き方を教えてもらったりと楽しかったです。
これから将来、このオープンデスクで教わったことを存分に生かしていきたいと思います。事務所のみなさん、どうもお世話になりました。


2001.10.09~ 2001.11.01
近畿大学理工学部 建築学科 4回生
M 君 (23歳)

僕は大学を卒業し、設計事務所で働きたいと考えてました。しかし、僕は実際の設計事務所がどのような感じなのか、またどのような事をやっているのかを、まったく知りませんでした。コンパス建築工房にオープンデスクとして約3週間通って感じたことは、設計事務所は一生仕事が楽しく、やりがいがある所だと思いました。事務所のみなさんは、親切で解りやすく指導していただき、良い勉強になりました。


2001.09.142001.10.06
大分大学大学院 建設工学科 都市計画研究室
S 君 (24歳)

大阪でたこやきの味を覚えて3週間、長いようで、短い3週間でした。
最初はなかなか関西弁にもなれずこれからやっていけるのかと不安でしたが、徐々になれていき、毎日が充実したものになっていきました。
今まで自分は建築に対してあまり興味を持っていなくて勉強しだしたのも最近になってからでした。自分の進路を決めるにあたっていろいろな実際の仕事を見たくて応募したオープンデスクでしたが実際の仕事や現場を見ることができ、これからの進路選択に大いに役立つものでした。西浜所長に言われた様々なことを思い出しつつこれからの自分の道を決めていこうと考えています。


2001.09.10 ~ 2001.09.28
滋賀県立大学 環境科学部学部 環境計画学科 3回生
M さん (21歳)

今まで学校の中で仲間と一緒に課題を製作したり、勉強したりしてきたけど、初めてオープンデスクという経験をさせてもらって、自分が今生活している環境とは全く違う事を改めて実感した。設計をしていく中で、ただ自分の好みだけでは設計は進んで行かないし、法や規制に制限される中で設計を進めていく事がとても大変であると思った。図面の描き方からCADの使い方、建築法規についてなど、今までとは違った勉強の仕方を見つけていきたい。失敗が許される環境の中でではなく、実際の社会のような失敗が許されない、常に本番であるという環境を、せめて自分の気持の中で意識して作っていきたい。まだまだこれから自分の進路について迷うことがあると思うけど、今回のこの経験を生かしていろいろなことを考えていきたい。


2001.08.20 ~ 2001.09.07
滋賀県立大学 環境科学部学部 環境計画学科 3回生
Y 君 (22歳)

「技術よりコミュニケーション」。初日に所長の言葉を頂いたとき、今までとは違った見方で社会に近づいた気がしました。大学にいると図面が描けないと就職できないとかセンスがないとダメといった空気になりがちですが、この3週間でコミュニケーションができる人間の方に私は魅力を感じました。というのも所長がそれを実践されている人間であるからです。事務所内のメンバーの方々からもそれが伝わってきました。所長がメンバーの方々に話される一言一句から教わることがたくさんありました。時間の使い方、要領といったものの大切さも感じとれました。実際に市役所や消防署に足を運んで建物を建てるに当っての過程を現実的に理解できたと思います。欲を言えば建設現場も見てみたかったです。大阪は京都とスケールや種類の異なったものがたくさんあるから通うのがとても楽しかったです。人、物、建物、街並など。あと味ですかね。短い三週間でしたが来て良かったです。そして楽しかったです。学ぶものは学んだのであとの実践は自分自身の仕事だと思っています。


2001.07.30 ~ 2001.08.18
滋賀県立大学 環境科学部学部 環境計画学科 2回生
W さん (21歳)

初めて来たときは、コンピューターばかりでとても事務的な空間だと思いました。応接室は雰囲気があってコンパススタイルを表してるように思いました。毎日新鮮でした。その中で心に残っているのは、模型をつくったことと、大阪は大きい事、ホームレスとそうでない人が身近に暮していること、法務局に行ったこと、堺市役所に行ったこと、三井ホームに行ったこと、エスニックな所に行ったこと、天神橋筋商店街には不思議な店がいっぱいあったこと、所長の声が大きい事、仕事の事、コミュニケーションの事、等々コンパスで感じたことはいっぱいあります。


2001.07.16 ~ 2001.08.04
大阪工業大学 工学部 建築学科 4回生
S 君 (22歳)

コンパスの建物を雑誌とかでみることが結構あったので、初めは所員の方はいろいろ動き回ってるんだろうと思ってけど、そうではなくパソコンをずっとしてるのが意外でした。忙しい中CADとかいろいろ教えてくれてありがとうございます。仕事をしていて楽しかったって言ったらおかしいかもしれないけど勉強になったのは模型制作です。結構時間かけてよいのができたと思うし、図面を見るよりも空間の構成やコンパスの考えみたいなものもわかって楽しかったです。期間が短かったのである程度コンパスの仕事の進め方というのがわかって勉強になったけどわからないことはたくさんあるので機会があればまた勉強したいです。


2001.07.03 ~ 2001.07.21
近畿大学 理工学部 建築学科 4回生
T 君 (22歳)

今まで自分は事務所に対してもっとかっこいいイメージがあったのですが、実際は以外とみんなパソコンの前にずっと座り放しで結構地味なんだなと思いました。それと話が変わりますがなぜこのコンパスに応募したのかというと、自分は元々形は四角で結構シンプルな空間構成をしている建築が好きで所長の造った建物の中のS-SOHOとU-FLATが好きで応募しました。事務所が忙しかったせいもあるのかそう言うことについて全く触れられなっかたのですが、CADとかにかんしましてかなり勉強になりました。又宜しければオープンデスクに来たいです。


2001.06.18 ~ 2001.07.06
摂南大学 工学部 建築学科 4回生
O 君 (22歳)

大学ではたいして勉強もせず、自分のやりたいことばかりに力を注いでいましたが、4回生になり、就職活動が始まったところで本当に建築という仕事を知りたいと思い、友達の紹介と勢いだけできてしまったオープンデスクでしたが、すばらしい経験ができました。CADもろくに使えず、模型も作ったことがないという何も分からない状態でしたが、皆さんに親切に教えていただき本当に有り難うございました。3週間は非常に短い期間でしたが、自分としては中身の濃い3週間でした。寝不足でつらかったり、ミスをしてしまったりもありましたが、やはり現場での経験は非常に勉強になりました。中でも初めて作った模型は完成したときは少し感慨深いものがありました。あと、こういった現場での仕事を見ていると、建築というのは人が作るものだということをつくずく実感しました。設計するのも人、工事するのも人、御施主さんも人、模型作るのも人、そういったすべての人の手によって建築は成り立っているのだということ。すばらしことです。やはり僕も建築に携わる仕事とをしたいと思いました。これからどういう道に進むか分かりませんが”魅力ある人”になりたいと思います。


2001.05.28 ~ 2001.06.22
椙山女学園大学 生活科学部 生活環境学科卒
U さん (24歳)

今までの作品を前の会社の仕事を通してたくさん見る機会があったのですが、どのようにして一件の建物をつくっていくのかという過程は全然分からなかったので、今回のオープンデスクで計画中の図面を実際に書いたり、現場に連れていって頂いたりして勉強になることばかりでした。そして打合せを聞いていると、実際に見ていても気付かなかったようなところにもコンパス建築工房のこだわりがあることが分かって、今さら戻れないですがもっとちゃんと見ておけば良かったと思いました。設計事務所で働く時に設計の能力だけでなく、人と話をして理解したり理解してもらったりすることが重要だというおはなしはすごく納得できて、設計の仕事だけでなく他の場合にも当てはまることなので、できるだけ私もそうしていこうと思います。


2001.05.28 ~ 2001.06.16
神戸デザイナー学院 インテリアデザイン学科 夜間部
S さん (23歳)

インテリア学科なので不安がかなりあったけど、分からないことは親切に教えてくれたので3週間、楽しく勉強ができました。打ち合わせにも参加させてもらえて、わからない言葉がいっぱいでてきて???になってたけど、いい経験になりました。メーカーにも連れていってもらって、ありがとうございました。就職活動も必要ですが、こうゆう経験をして、いろんな事務所の雰囲気を知ることも大切なことだとおもいました。CADはかなり苦戦したけど、これを機に学校でもさわってみようと思います。


2001.03.26 ~ 2001.04.13
宝塚造形芸術大学 トータル環境デザイン学科 2回生
I 君 (20歳)

今まで建築事務所で作業をしたことがなかったので、雰囲気をあじわえただけでも、嬉しかったです。そしてopen deskという場をあたえてくださったことに感謝しています。建築とは、こういう作業をするんだというのがなんとなく感じとれました。大学で、後二年がんばって早く、建築家の中に入れるようにがんばりたいと思います。


2001.05.28 ~ 2001.06.16
神戸デザイナー学院 インテリアデザイン学科 夜間部
S さん (23歳)

インテリア学科なので不安がかなりあったけど、分からないことは親切に教えてくれたので3週間、楽しく勉強ができました。打ち合わせにも参加させてもらえて、わからない言葉がいっぱいでてきて???になってたけど、いい経験になりました。メーカーにも連れていってもらって、ありがとうございました。就職活動も必要ですが、こうゆう経験をして、いろんな事務所の雰囲気を知ることも大切なことだとおもいました。CADはかなり苦戦したけど、これを機に学校でもさわってみようと思います。


2001.05.07 ~ 2001.05.25
大阪工業大学 建築学科 4回生
I 君 (21歳)

設計事務所での仕事内容や、その雰囲気を実際に体験したいと思い今回オープンデスクに参加したのですが、まず自分が持っていた事務所のイメージとのギャップ(いい意味で)に驚きました。本当に居心地が良く、長居してしまうことが多かったと思います。仕事を実体験できたというだけでなく、西浜所長をはじめ、スタッフの方々人柄に触れることもできましたし、所長の話から、関連業社とのとりあい(電話での応対や伝え方、仕事の進め方等)やコミニュケーションの大切さを学ぶこともでき、本当に勉強になりましたし、刺激になりました。仕事は決してできた方ではないと思うのでいろいろ迷惑かけたと思います。


2001.03.11 ~ 2001.03.31
摂南大学 工学部 建築学科 3回生
U 君 (21歳)

今回オープンデスクに参加しようと思ったのは、3年間大学で建築について勉強してきて、それなりに建築に興味を持ちこれから仕事としていきたいと、思っていました。でも本当に自分が建築家としてはたしてやっていけるのだろうか?という不安がありました。そこで、少しでも社会の中での建築に触れてみたいと思って参加しました。この3週間、自分の知識のなさに又これからの自分の課題の多さにいらだちを感じていました。けどそのことを感じた分得るものも、多かったです。自分が強く感じたことは、”いい物を作ろうと思ったら、妥協を許さない”ということです。自分がこれから建築家になるのかわかんないけど、その感じたことは常に頭の中に入れておこうと思います。コンパスに参加したことで、自分の方向が指し示されたようです。


2001.03.05 ~ 2001.03.17
福山大学 建築学科 3回生
T 君 (21歳)

今回のオープンデスクに参加したことで実際の事務所の雰囲気を味わうことができたし、これから自身がすべき事や、今自分に何が足りないのかを確認することができました。四月からはこのことををふまえて就職活動、卒業制作に取り組んでいこうと思います。ここでの作業全てが実際、事務所で日常に行われる作業だったのでかなり緊張しましたし、時折手に冷や汗かいてました。ここでの体験を地元(広島)の友達にも報告したいと思ってます。実質一週間ほどの参加でしたが、片山さん、粟田さんには、初歩的な事から事務所に貢献できるような事まで教えていただきました。教わったことは必ず活用します。西浜先生からは物(建物等)をつくる情熱・作業一つ一つに対しての重要性を教えていただきました。今後の予定としては、まずCADを、遅れがちなんですが自分の引き出しを沢山つくっていこうと考えてます。短い期間でしたがありがとうございました。最後に生意気ですがこれからの皆さんの活躍を要チェックしていきたいと思ってます。


2001.02.13 ~ 2001.03.03
京都府立大学 環境デザイン学科 2回生
I さん (21歳)

大学で学んでることは、本の上の事ばかりなので、建築事務所の空気を肌で感じてみたいと思っていました。そんな時に旅行で西浜さんと出会い、このオープンデスクに参加させてもらうことができました。3週間という短い期間でしたが、色々な事話をしていただいて、いろいろ学びとることができたと感じています。西岡邸の模型作りは自分の作品と違って妥協することができないので、緊張しました。北区の現場に連れて行っていただいたことも印象に残っています。(ドライブ楽しかったです。)この3週間は、私にとってとても価値あるものになったと思います。西浜さんをはじめとして、楽しい人ばかりで、私もこんな明るい職場で働けたらと思いました。


2000.08.28 ~ 2000.09.16
大阪芸術大学、環境計画学科 3回生
N さん (21歳)

オープンデスクに参加することが決定してから自分にできると思えることがあまりに少なく感じてかなり不安でした。実際にこちらの事務所にきてからも分らないことだらけでみなさんにたくさんご迷惑をおかけしたように思います。けれど、1からでも丁寧に教えてくだっさてありがとうございました。できないことだらけでしたが、このオープンデスクに参加したのとしないいのではぜんぜんちがうかったと思います。実際の事務所の雰囲気から仕事の内容も知ることができましたし、作品を見せていただいたりしてたくさんの刺激を受けることができました。これから学校に戻っても以前とは違う感覚で授業にのぞめると思います。3週間というこの期間は私にとってとても濃いものとなりました。


2000.08.22 ~ 2000.09.02
奈良女子大学 生活環境学部 人間環境学科 4回生
T さん (21歳)

今までに行ったオープンデスクの中で、一番充実していたオープンデスクでした。現場や普段行くことができいない場所に連れて行ってくださったり、たくさんお話を聞かせてくださったり、とても学生のことをかまってくださって嬉しかったです。いい経験になりました。働いておられる方がすごく仲が良くて、私にとってもすごく居心地のいい事務所でした。2週間があっという間で、もう少し働かせていただきたい気分ですが、こういう事務所に出会えて良かったなぁと思います。私もこういう事務所で働きたいと思います。


2000.08.07 ~ 2000.08.25
奈良女子大学 生活環境学部 人間環境学科 3回生
Y さん (21歳)

CADが、学校のソフトと違ったので最初はなかなかできなくてたいへんでした。部品の詳細をかいてるうちになんとなくできるようになって、いろいろ教えていただきながら、何とか山林邸の展開ができたのはうれしかったです。大阪新聞の取材で大北さんのおうちの中に入ってみれて、貴重な体験ができました。 オープンデスク初日からイカパーティーで楽しかったです。(ハプニングはありましたが。)事務所の方々もお忙しい中、色々丁寧に教えてくださってありがとうございました。先生にも、残りの学生生活をどのように過ごしていけばいいかアドバイスしてくださったので、今回のオープンデスクでまなんだ事をいかせるように過ごしていけたらいいなあと思います。


2000.07.26 ~ 2000.08.19
大阪芸術大学 芸術学部 環境計画学科 3回生
F さん (21歳)

7月26日から約3週間、いつの間にかCADも、少しは使えるようになって、それが一番驚いたことでしたが、それも何よりみなさんのおかげとしか言いようがありません。大事なお仕事中で、しかもも大変忙しいのに、手取り足取り教えていただいて、申し訳なかったです。とても感謝しています。大学を卒業してからの進路を考える上で、貴重な経験ができたと思います。 現場にもつれていって頂いて、建築のお仕事のことが、以前よりよく分かった気がします。そして以前より深く興味も持つようになりました。皆様と、お仕事以外でも沢山のお話を伺うことができて楽しかったです。夏休みの前半を利用してのオープンデスクでしたが、大変充実した時間を過ごすことができました。


2000.07.18 ~ 2000.08.05
奈良女子大学 人間文化研究科博士前期課程人間環境学専攻住環境コース1回生
A さん (22歳)

約3週間のオープンデスクを終えてみて、思っていたよりすごく早く過ぎました。結構いろんな作業をさせてもらえて、わからないことも多かったですけど、おもしろかったです。やってみて初めて自分が得意としてる所や反対に苦手だったんだなと思う部分を発見できたし、こんなに一つのものを建てるのに関わってくる仕事がたくさんあるとは知りませんでした。大学でいくら勉強しても知らなかっただろうなと思います。まだこれくらいの期間では、この仕事の楽しさも大変さも実感しきれてないと思うので、また他の事務所にも行かせてもらうつもりです。でも色々な事務所に行っている人達に話を聞いてもそこの先生と直接、話をしたり会ったりすることがほとんどないそうなので、ここでの体験は貴重だなと思います。エスキスしてもらったり、現場に連れていってもらえて本当によかったです。


2000.04.14 ~ 2000.05.02
大阪総合デザイン専門学校
U さん (20歳)

今までさわったこともないWinでかなり四苦八苦してましたが、やっと慣れてきたという頃に2週間が経ってしまいました。私自身終った気にはなっていないので、あんまり感想とかは書きたくなかったのですが、仕方なく書きました。この2週間でアトリエ事務所の雰囲気もわかり、良い経験になりました。またこういった形ではなく、ここに帰ってきたいです。また何かあれば連絡を待ってます。と言いたいところですが、待っていても何も起らないので、ちょくちょく自分で作品を作っては、見てもらいにきます。


2000.04.03 ~ 2000.04.10
滋賀県立大学 人間文化学部 生活文化学科 生活デザインコース 4回生
H さん (21歳)

オープンデスクは今回初めての経験でした。大学生活最後の一年が始まるこの4月にここに来させてもらったことは、これからの自分にとっての起点になったと実感しています。今回は短い間だったけど今の私にはいろんな面で随分勉強になることが多かったです。このオープンデスクというシステムは、実際の現場空間に自分自身が身を置くことが許されていることがスバラシイ。ここで私はほとんど役に立たなかったかもしれない。けど私自身この1週間とても楽しかった。ますます建築というものが光り輝いてきた。就職というものに対してもウォーってやる気が出てきた。ショチョウに建築現場を見せてもらった。事前に図面で見ていたものが目の前に形となって現れた。やはり本物を見るのは違う、とありきたりなコトを思いながら興奮していた。現実の世界には苦しみも多いのだろう。でもこのワクワクする気持ちがタマラナイ。この気持ちを糧にしてこれからも頑張りたい。


1999.12.20 ~ 1999.12.28
京都芸術短期大学 建築デザインコース 1回生
T さん (22歳)

オープンデスクを経験して、社会に一歩出るということで、初めは緊張して自分の足りなさに落ち込むこともありました。でもその落ち込みも、今はいい経験となったと思っています。これから就職活動をするにあたって、社会がどういうものなのか、建築事務所がどういうものなのか、建築とはみたいなものが少し知れたと思いました。そして自分の欠点や、就職活動するにあたってこれから自分がどうして行くべきなのかも分かった気がします。オープンデスクを経験して、得た物はとても多いです。


1999.11.02 ~ 1999.11.12
修成建設専門学校 女子建築設計科卒
A さん (23歳)

私は、設計の方面に進みたいと思って前の会社をやめ、このオープンデスクの制度で設計事務所の実態や、私自身の向き不向きが分かればいいと思っていましたが、2週間という短さではわかりませんでした。失業中の半年間、家で色々考え、この不景気では建築の方向に進むのはやめたほうがいいのではとか、もっと自分に向いているものがあるのではとか考えていましたが、やっぱり建築が好きだということはあらためてはっきりわかったので、いい機会になったと思います。2週間の間に、2つの現場を見せていただいたわけですが、西濵先生の作品はやっぱり私の好みだと思いました。私は「木」の建物はあまり好きではないのですが、小川邸を見て木もああいうふうに使うと和風にならなくて、すごくスマートな感じがいいなと思いました。


1999.08.26 ~ 1999.09.10
京都精華大学 美術学部 デザイン学科建築 4回生
O 君 (23歳)

今回、COMPASのようなアトリエ事務所で、事務所内での仕事・バイトは初めてで、色々と勉強になりました。デザインやプランニングなどの作業以上に、建築をやっていくのには計算や法律や段取りなど色んな仕事が絡んでくる、それを肌身に感じられたことは、ぼくにとっては貴重だったと思います。事務所の空気はいつも真剣で、ずっと緊張しっぱなしでした。現場を見に行ったのが一番楽しかったです。次ぎにプレゼン関係で、見積の表は目にきつかったです。でも、CADはだい分使える様になってよかったです。


1999.08.09 ~ 1999.08.21
金沢美術工芸大学 環境デザイン学科 3回生
U 君 (21歳)

2週間程度のオープンデスクでしたが、僕にとっては長くも感じ、短かくも感じました。オープンデスクは初めてだったので、行くまでは「一日中ほったらかしにされたらどないしよー。」とかいろいろ思っていたんですけど、はじめに所長と挨拶をした時に、そんな不安も吹っ飛んでしまいました。それから三原さんを中心にJWを教わり、何となくやっていく内に何となく解ってきて、結構あっという間に一日が過ぎていくのを感じました。知らないことが毎日のように飛び込んでくるのは、とても刺激があって有意義な毎日でした。この2週間で僕がしたことは、事務所の仕事の中心から一番離れている仕事なのかもしれないけれども、所長を始め片山さんや三原さんや山中さんの仕事の様子を観察する事によって、ほんとになんとなくなんですが事務所という所がわかったような気がします。しかし、所長が初日におっしゃっていたように、同じ建築事務所でもシステムや仕事の内容がそれぞれの事務所によって違うので、ここでのオープンデスクを良い体験とし、これからもいろいろな方面にアンテナをのばしつつ、自分のしたいことはこれだ!というものをはっきりと見いだしていきたいと思います。


1999.03.17 ~ 1999.03.31
岐阜女子大学 家政学部 住居学科 3回生
K さん (21歳)

コンパス建築工房での2週間は、長い通勤時間が全く苦にならない程毎日が充実していました。まったくCADの使えなっかた私に丁寧に指導してくださり平面のトレースができるようにまでなりました。今回、オープンデスクに参加させて頂いたことによりまた、新たな出会いがあり私にとってプラスになるお話も聞かせて頂くことができました。ここでの経験や学んだことをこれからの残り少ない大学生活や社会に出てからの自分に役立てて行きたいと思いました。また、事務所は、全員の協力やチームワークがあって成り立っているということも実感でき、コンパス建築工房のような事務所で私も働くことできればいいなと思いました。
本当に、何も分からない私に貴重な時間をさいて、いろいろご指導いただきありがとうございました。また、機会がありましたらもう一度勉強させて頂きたいと思います。私は、これから自分を成長させていくためにここでの経験を忘れず日々努力して行くつもりです。


1998.11.02 ~ 1998.11.13
大阪産業大学 環境デザイン学科卒
T 君 (23歳)

私にとりまして「建築設計事務所」という場所は遠い存在でした。実際、学生時分のオープンデスクの参加倍率はかなり高く、案の定抽選漏れをしていました。確かに今でも敷居の高さはかなり感じるものの、興味と欲求は「建築設計事務所」に釘付けとなってしまいました。今年の春はれて就職したにもかかわらず、自分の考え方だけを頼りに退職したときは、始めのうちこそ「俺ってかっこいい!」などと言っていましたが、無職も4ヶ月続けば不安になってくるものです。この不景気も重なって、どん底の気分に浸り、ましてや彼女にも振られればもうロケットにでも乗って宇宙に飛び出したくなる思いでした。たまたま、インターネットでも就職活動をしていましたので、そのおかげでこちらの事務所に出会うことができました。時代は変わったなとつくづく感じました。こんな所にも出会いが生まれるんですね。思い立ったらすぐに行動に起こすものですから、すぐにお返事いたしました。
初めての印象は「研究室みたい」「製図台がない」「???」といったところでしょうか。とにかくびっくりしたのです。ここでどんな体験ができるのかと思うとワクワクしました。CADが触れましたので、頑張りました。Auto-CADに続いてJW_CADまでマスターしてしまうとは思ってもいませんでした。そのうち私もなれてきまして、所長のおもしろ話にちょっと虜になりつつ、三原さんや片山さんにおもいきって言ったことが一つあります。「なぜみんな一緒にお昼ご飯を食べないのですか?」と。理由は聞いたものの、何となく寂しさを感じました。せっかくここに集まった仕事仲間なのに…そう思うと私はできる限り一緒に食べられるように動いていました。残念ながらマクドが精一杯でした。本当の所、毎日一緒は辛いでしょうね。何となく解ったような気がしました。
技術的なところでも何か盗んで帰らなければと思い、頑張ったんですがやはり私ごとき何の役にも立てなかったように感じます。所員全員でが4人5脚をしているのに、私が入ればみんなさんを転ばしてしまいそうで、ちょっと怖かったです。性格自身あまり落ち着きがなく、騒ぐことでエネルギーを発散していたので初めの頃は窮屈に感じたりもしましたが、みなさんの空気に触れることで集団の中での自分を理解できたようにも感じました。


1998.08.17 ~ 1998.08.24
夙川学院短期大学 美術科 1回生
K さん (19歳)

オープンデスクに来ていろんなことを学び考えました。はっきし言って学校としていることが違ったので初日は、とまどい私は建築はむいてないのかな?。ともおもいました。でも、今はもっと勉強して建築のことをいっぱいしろうと思っています。オープンデスクで色々知れてよかったです。


1998.08.17 ~ 1998.08.24
夙川学院短期大学 美術科 1回生
K さん (19歳)

オープンデスクに来ていろんなことを学び考えました。はっきし言って学校としていることが違ったので初日は、とまどい私は建築はむいてないのかな?。ともおもいました。でも、今はもっと勉強して建築のことをいっぱいしろうと思っています。オープンデスクで色々知れてよかったです。


1998.08.03 ~ 1998.08.12
大阪工業大学 建築学科卒
Y さん (29歳)

最先端機器を使う設計事務所での実務を体験したくて参加しました。7日間という短い期間でしたが、JW・CADをかなり覚える事ができ収穫でした。CADやパソコンは使いこなせれば可能性の多いものだということをあらためて実感しました。西濵所長をはじめ所員のみなさんには忙しいにもかかわらず、丁寧かつ、やさしく指導していただき感謝しております。(夕方のお茶とお菓子は密かな楽しみでした。)私も就職先をみつけて早く設計に携われるようあきらめずにがんばりますので、何か情報があればよろしくお願いします。


1998.07.27 ~ 1998.08.27
京都工芸繊維大学 造形工学科 4回生
M さん (23歳)

ゼミの教授の勧めもあって、今回参加し短い間で多くの事を学んだ気がします。オートCAD化進んでいる事務所ということもあってまだ不十分ですがCADを覚えることができてよかったと思います。CADもそうですが、毎日することが初めてのことばかりで、新鮮で戸惑うこともあったのですが、所長をはじめ皆さん丁寧に指導していただきました。その中で、コンパス建築工房での仕事の進め方や、所長の考え方なども、学べたと思います。また、天川村へのキャンプへも誘って頂き、皆さんの普段と違った一面を見たりと楽しい体験でした。そして施工中の現場も見学させて頂き、図面の上ではわからないことや、現場での苦労話など聞かせてもらい本当に貴重な体験をしたと思います。参加して感じたことは、大学で学んできたことはすぐには役に立たないこと、そして何よりも私も早く実務を積み、そこでもっと学んでいきたいと思いました。コンパス建築工房での経験は、私の建築の視野を開きこれからの方向を定めてくれた気がします。