博多の住宅、完成!


高低差のある土地に対し、大きなキャンティレバーにより数台の駐車場を確保し、4つの中庭を眺めつつ緩やかにスキップフロア上がって行くコートハウスの構成。
外観はコンクリート打ち放し、庭は竹や笹を中心にシンプルなデザインとした。


5mのキャンチレバー(持ち出し)の下は駐車スペース。
床はピンコロ石敷。孟宗竹が建物を貫通して上に伸びます。


玄関の正面は傾斜のある中庭。


階段とスロープによるスキップフロアで緩やかに各部屋をつなぎます。


中庭は竹や笹を主としたシンプルな構成。


和室前には広いウッドデッキ。


和室より北庭を見る。建具は吹寄せの摺上げ障子。


左が中庭、右が北庭。


北庭は、竹と笹、トグサ、古い鬼瓦、コンクリート平板などを配置した和庭。。


リビングより中庭、和室を見る。


リビングより南テラスを見る。


浴室。正面はバスコート(坪庭)


階段室。右はスロープ。正面は和室。


主寝室は全て板張り。


どの部屋も中庭に面し、家全体の雰囲気が伺える。


夜景正面


正面の竹は2階のテラスのグレーチングを貫通している。

 

コメントを残す

*