コンパス建築工房

フォルム魚崎中町 1990

密集市街地で、近隣への配慮と、効率よく高品質の事業という相反する与条件の下での計画。

法規制で逆算的に設定された最大ヴォリュームを、4つのL型住戸に分け敷地四方に分散配置した。敷地四隅は1階の専用庭とし、全住戸の主な開口、バルコニー等はこの庭に向かい、近隣のプライバシーや日照を確保しながら自らの採光とプライバシーをも確保する。住戸はDKを中心にしたL型平面で、四周が外部に面するため居室全てに採光や通風が得られる独立性の高い環境となった。