コンパス建築工房

apartment1-01apartment1-02apartment1-03apartment1-04apartment1-05apartment1-06

URBAN・NEST 1990

東西二面が道路に面する直方体のボリュームを、斜め三角に二分して1階にテナント、2,3階を単身者住居の計画。その隙間が各住戸やテナントに入る路地アプローチとなる。住戸は三角に二分する事により、どの住戸も道路に間口一杯に面し、かつ隣住戸に接しない独立性の高い構成となる。住室は天井高のある台形空間で、水周り上部はロフトとなっている。住戸内の木材のフレームは照明器具、カーテンブラインド等の仕切りを取り付けることで様々な生活スタイルに対応する。