コンパス建築工房

八尾の家 2001

生駒山の麓二位置する建売分譲用地での住宅設計。建売住宅用地のため、北・西は他の住宅が近接することが予想された。

シンプルな箱状の建築形態により、ローコストながら大きな空気容量を確保。外部は堅牢な工業製品により保護され、内部では人に優しい自然素材に包まれる。南側の全面開口は、その上部のバルコニーと深い軒が直射日光をコントロールする。贅沢な設備や装飾はないが、住宅内部では人に優しい自然素材に包まれるなど気候と上手に付き合いながら、家族がいきいきと生活を楽しみ、気兼ねなく友人が集まるオープンな空間の家を実現した。