コンパス建築工房

藤原台の家 2001

「気配を感じながら、必要に応じて生活を分けることもできる」程度の区画とした2世帯住居。

高低差のあった敷地に対し、単に擁壁や地下室を設けて建築するのではなく、土留めを兼ねる建築基礎を道路から控えて設けて建築は空中に迫り出すことにより、駐車場を確保しながら、宅地にも中庭空地を確保することもできた。平面には二つの中庭を持つH型として、近接する隣地には閉じ、中庭と道路に開放する構成とした。高低差のある敷地に対し、玄関を敷地の最も奥に設けることにより道路から緩いスロープでのアプローチを可能としている。