コンパス建築工房

大美野の家 2003

若い家族のはじめての家作りに用地未定からの相談であり、計画地は大きな敷地が3分割された中央の区画であった。

周囲住居が近接していた為、平面形状は周囲に閉じ内部に開くコートハウス形式とし、外周には通風と風景を切り取る横長の開口のみとした。モルタルと黒い杉板によるシンプルな二層の箱をずらせて重ねることにより、中庭の他にピロティー、裏庭、テラス、屋上庭園など多様な外部空間が生じ、それぞれが内部居住空間と一体化しての利用できる計画としている。家の中心となる中庭にはヤマボウシの木を植え、どの部屋からも四季を楽しむことができ、浴室などの水回りは裏庭に面した開放的な空間となった。