コンパス建築工房

帝塚山の家 2005

築50年を越える木造長屋の改修。

構造性能、断熱性能、遮音性能どれをとっても現在の住宅には程遠く、まずこれらの性能向上を施した。敷地前面は、採光、通風を確保しながらプライバシーにも配慮できるようアルミルーバーと黒杉板で、木造長屋のイメージを保ちつつモダンな外観を表現。1階はテナント及び住戸のエントランス、水周り、書斎。2階リビングの天井は屋根勾配なりとして、古く力強い梁を露出させた。中庭を通して、各室に繋がりが生まれ、十分な光と風を運ぶ。