コンパス建築工房

house15-01house15-02house15-03house15-04house15-05house15-06house15-07house15-08

瑞光の家 2005

大阪の下町にある住居の建て替え。

敷地は間口が狭く奥に長い形状で、近隣の建物が近接し、道路向かいには中層のマンションが対面している。この立地の中、施主はできる限りプライバシーやセキュリティーを確保しながら、明るく快適な生活を希望された。建物の前後を光や通風を得るための空地とし、道路面にはプライバシーを確保するために木製ルーバーを設け、その内部をインナーテラスとした。隣接住居が近接する南北面は最小限の通風・採光の窓のみとした。構造は鉄骨の半製品を採用することにより充分な耐震性能を確保した。外壁や屋根には堅牢なガルバリュウム鋼板による工業製品、人に近い部分では木材や左官材などの自然材料を採用することにより、シンプルでローコストな構成としている。1階には2台のカーポートと外部収納、2階には階段やトイレ、収納等を効率よく集約することにより、LDKから和室につながる大きな居住スペース確保している。