コンパス建築工房

赤大路の家 2005

敷地は閑静な住宅地に位置する住宅。4人家族の新しい生活のスタートを望む若い夫婦からの依頼で、敷地も予算も全く決まっていない段階からの相談であった。

約50㎡の正方形の敷地一杯に3階建てのシンプルなキューブを設定した。周辺に対しての眺望や住環境などは期待できないため、キューブの一角をボイドとして空間を残し、各室の開口やバルコニーはボイドに面して設けた。ボイド空間は道路側を木製ルーバーとすることにより、周辺からのプライバシーや日射などに対してやわらかくコントロールされる。内部はできる限り装飾を廃し、天井を貼らずに鉄骨や床下地を露出させ、ローコスト化を図ると共に今後の生活スタイルの変化に柔軟に対応できる。