コンパス建築工房

千里山の家 2006

リタイア後の夫婦のための終の棲家としての住居である。

奇をてらったデザインは望まず、あたたかい家らしい住宅を希望された。中庭を中心として二つの切妻屋根のより明るく快適な住空間となった。外観の特徴である切妻屋根をそのまま内部空間とし、家らしさを表現すると共に、天井高さを書棚などとして有効に活用できるようにしている。