コンパス建築工房

house31-01house31-02house31-03house31-04house31-05house31-06house31-07house31-08house31-09house31-10house31-11house31-13house31-12house31-14

森のアトリエ 2009

木工彫刻をされるご家族のセカンドハウス兼アトリエ。敷地は兵庫県の自然が豊かに残る東条湖近くに位置する。

敷地内の樹木はできるだけ残し、森に溶け込むような、シンプルな片流れの大屋根を持つ建物とした。外壁は杉板張りで長い塀と一体化して視線を遮り、南の雑木林に大きく開放させる構成となっている。構造材は熊本産の球磨杉のくんえん処理材を採用。産地で低温乾燥、プレカットした後に船で現場まで運ばれるシステムで、品質およびコスト共に利点が多い。外壁もくんえん処理した杉の縦羽目板張りで、木材保護塗料は退色の少ない黒色とした。一階の建具は木製の引き分けで全開放できるが、セカンドハウスのため、不在時には全ての開口を杉板雨戸にて閉鎖できる。大屋根に覆れたシンプルな空間は、さまざまな暮らしに対応でき、下階から最頂部の開口への効率のよい自然通風が期待できる。