コンパス建築工房

滋賀のアトリエ 2012

大津のアトリエ。建築主は大学で造形に関する教鞭を取る傍ら、自身の制作活動を行っており、住まいとアトリエを建設するにあたり、作品は現代アートで大型のものが多いため、大きなアトリエを希望された。

限られた予算の中で、夢を実現させるためには、思い切った選択も必要になるため、天井高さの必要なアトリエに対し、重量鉄骨によるスキップフロアで大きな空間を構成した。アトリエには上から作品を確認できる書斎、およびその下部には作業用の防音ブースを併設している。外壁は内外とも鋼製断熱パネルを表し、内部は床、壁、天井とも構造用合板の仕上げ。倉庫のような味気なさもあるが、主役はあくまで人と作品、それらを邪魔しないストイックな空間となった。