コンパス建築工房

宝塚の家 2006

兵庫県宝塚市の山の中腹に位置し、天気の良い日には大阪から京都までを望むことができる。建築主は親の代からこの地で育ってきたが、今回隣接した宅地を含めての建て替え計画となった。

山の中腹に位置し、宅地は東側道路より約m高く、西側の宅地はさらに約2m高く西側道路に面する。この高低差のある地に効率よく3つのボリュームをずらしながら重ね、接地面以外の部分は中空に浮かべる構造により、擁壁や造成コストを低減するとともに、ボックスの上下には変化ある空間が構成され、各室の採光、通風、眺望などの多様な住環境を確保する。計画に当たっての要望は、眺望を生かすこと、ペット(大型犬2匹)との共生、趣味の車やオーディオ、ピアノなどの夫妻二人の生活を楽しむことに重点が置かれた。