コンパス建築工房

house24-02house24-01house24-03house24-04house24-05house24-06house24-10house24-07house24-08house24-09house24-11house24-12house24-13

目神山の家 2007

敷地は目神山と呼ばれる六甲山系の東端、自然環境に恵まれた丘陵地域の頂部に位置し、道路から南東に下っていく傾斜地となっている。厳しい予算の中で、できるだけ建物も空間もシンプルなものを希望された。

地盤は岩盤で固く掘削は困難なため、敷地中央部の比較的平坦な部分にRCの地階を設け、この地階と道路側地盤とにまたがる形で1階建物をのせる構成とし、基礎造成を最小限とする。1階木造建物の南側を全面開口とするために、水平力をRCの自立壁で負担する混構造とする。このRC壁は十字に配置され、敷地を大きく4つのスペースに区画する。北はアプローチ、西は駐車スペース、東に玄関、そして南が全面開口の生活空間となる。