コンパス建築工房

茨木の家 2008

大阪府茨木市の市街地、産婦人科医院に隣接する自邸である。

医院とは水路を隔てた敷地で1階は医院の付属施設のセミナールームとし、2,3階を住宅として使用する。
構造は鉄筋コンクリート造でプレートラーメン構造を採用し、変形の敷地形状に沿った2枚の湾曲した厚い壁に挟まれたシンプルで自由な空間構成とする。厚い壁と床は充分な構造耐力は当然ながら、セミナールームと住戸間の遮音等にも高い性能を有する。