Works

4棟の家

Back

ゆとりある敷地の中で、建築ボリュームを4つに分け、建物や塀の間から緑があふれる建築とした。リビング、寝室、車庫、ゲストルームを4棟の切妻建物に分散配置し、それらの間を庭やテラスとすることにより、建物のどこからも様々な景色を楽しむことができ、セキュリティやプライバシーを確保しながらも、明るく風通しの良い空間となっている。建物の要所に、以前の家の大黒柱や敷台、丸太梁、杉天井板、欄間、書院障子、落とし掛けなどを再利用し、外構においても庭石や井戸側、松の木などを再配置した。生まれ育った旧宅の記憶を引き継ぎながら、これからの生活に向けて、安心・安全な基本性能と自然環境を享受する住宅が実現した。  

Back