工場と民家の改修

築120年の旧家の改修です。
広い敷地ながら、工場の機能を優先してきたため、長らく暗くかなり使いづらい不便な生活をされていました。
建て替えも検討されましたが、先祖様から引き継いだこの家を残すことを選択されました。

工場も古く、増築を重ねてきたため耐震性や断熱性などの建築の基本性能も見直す必要がありました。
リクルートの観点からもまずは、工場を機能的に、イメージも一新するように改修していきます。

コメントを残す

*