コンパス建築工房

Heim Fioglia 1999

交通至便な駅前立地の小住宅を、高密度に52室の単身者用住戸として再生した。法規制が生み出す最大ボリュームヒューマンなスケールで再構築し、ボリュームと色彩の混成による調和を試みた。外装はタイル・ガラス・アルミという合理的な素材を基調にし、直接人の手に近いエントランスや室内には、木や塗り壁なども用いている。また、最上室では斜線制限で削られながらも、充分な天井高さが確保できるため、ロフトや屋上テラスが利用できる様な立体的な構成とした。