コンパス建築工房

PANCOTEI 2004

大阪市福島駅聖天通り商店街、1階に串カツ屋、2階は事務所と住戸の併用住宅の依頼である。1階店内はカウンター席をメインに席数を最大限に効率よく配置し、厨房はオープンなつくりとしている。限られた予算の中、店内をはじめ主な仕上げ材料は構造用合板とし、天井も必要な箇所以外は上階の床表しとしている。住戸は西側に水廻りを集約し、空間的には既存の天井を撤去してできた天井の高い部分とその両側のスペースの3分割構成となる、天井の高い部分はロフトをつくった。